名言で学ぶ英語|ヘレン・ケラー「世界は苦しいことでいっぱいだけれども、それに…」

意外と盲点?「メールするね」を英語で
“That’s a shame” は「それは恥だね」?
英語の「カーブ」はちょっとややこしい

スポンサーリンク

今日の「名言で学ぶ英語」はヘレン・ケラーの名言を紹介します。

ヘレン・ケラーと言えば誰もが小さい頃に一度は伝記を小説や漫画で読んだことがあるのではないでしょうか。
視覚と聴覚に障害を持っていた彼女だからこそ言えるすごく重みのある言葉を彼女はたくさん残しています。

今日はその中から「世界は苦しいことでいっぱいだけれども、それに打ち勝つことでもあふれている」の原文を紹介したいと思います。

今日の「名言で学ぶ英語」

A NEW DAY

Although the world is full of suffering, it is full of the overcoming of it.
世界は苦しいことでいっぱいだけれども、それに打ち勝つことでもあふれている

“Although”は「〜にも関わらず」「だけれども」「しかし」という意味ですね。

例えば英語を一言も話せない友人が世界一周をした場合

Although he doesn’t speak any English, he managed to travel around the world

と言うことができます。

“suffering”は「苦痛」や「苦しみ」です。英英辞書で意味を調べてみると

the state of undergoing pain, distress, or hardship

と書いてありました。つまり「痛みや、苦痛・悩み、苦難に耐えている状態」を”suffering”というわけですね。

スポンサーリンク

そして最後の単語は”overcome”です。
“overcome”は「打ち勝つ」「乗り切る」という意味ですね。

ヘレン・ケラーはたくさんの障害を乗り越えてきました。それを英語で表現するなら

Helen Keller overcame so many obstacles in her life
ヘレン・ケラーは彼女の人生のなかでたくさんの障害を乗り越えてきました。

という風になります。

それでは今回紹介した3つの単語の意味を踏まえてもう一度名言を読んでみましょう。

Although the world is full of suffering, it is full of the overcoming of it.
世界は苦しいことでいっぱいだけれども、それに打ち勝つことでもあふれている

取り上げて欲しい名言募集中

「私この名言好きだから取り上げて欲しい」「意外と知られていない名言だけどいい言葉だからみんなに知って欲しい」などありましたら、ぜひ問い合わせフォームを使って投稿していただけたら嬉しいです。

「問い合わせ内容」のところに「名言の投稿」という項目があるので、そこを選らんでお送りください。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS