名言で学ぶ英語|行く手を塞がれたら、回り道すれば良い

よく使われる「〜すべき」ではない “should”
[週刊] 今週のまとめ 9月12日-9月17日
エイプリルフールの「噓」は “lie” じゃない?

スポンサーリンク

今日の「名言で学ぶ英語」は、先日紹介した名言「失敗は回り道、行き止まりの道ではありません」と少し似ている名言を敢えて紹介します。

名言で学ぶ英語|失敗は回り道、行き止まりの道ではありません

前回の名言でも「回り道」という言葉が出てきましたが、どうやって言えば良いか覚えてますか?

復習しながら、少し別の表現も覚えてみましょう!

今日の「名言で学ぶ英語」

Rolling Roadblock

今回の名言はアメリカの実業家メアリー・ケイ・アッシュの言葉です。

行く手を塞がれたら、回り道すれば良い

この名言は、日本語にするとき意訳されています。

直訳にするなら、こんな風になります。

障害(物)に辿り着いたら、回り道をしなさい

スポンサーリンク

「障害」を辞書で調べると「進行を止めるもの」として”obstacle”や「壁」としての”barrier”、そして「困った物」「やっかいなもの」として”difficulty”なんていう言葉があります。

でも、今回の名言では”Roadblock”という言葉が使われています。

そして「回り道」は以前、紹介した”detour”ですね。覚えてましたか?

あとはすごく簡単な言い回しで作られているので、どうやって「行く手を塞がれたら、回り道をすれば良い」を英語にすれば良いかわかる方も多いですね。

それでは今回の名言の原文を見てみましょう。

When you come to a roadblock, take a detour
行く手を塞がれたら、回り道すれば良い

簡単ですよね。
忘れていけないのは”a”です。”a”とか”the”はついつい忘れがちなので気を付けましょう!

取り上げて欲しい名言募集中

「私この名言好きだから取り上げて欲しい」「意外と知られていない名言だけどいい言葉だからみんなに知って欲しい」などありましたら、ぜひ問い合わせフォームを使って投稿していただけたら嬉しいです。

「問い合わせ内容」のところに「名言の投稿」という項目があるので、そこを選らんでお送りください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS