名言で学ぶ英語|Don’t cry because it’s over, smile because it happened

アプリを使ってスピーキング力をアップ!
褒められた。さて、どうする?
イギリス英語、どうやって勉強する?

スポンサーリンク

今日の「名言で学ぶ英語」はいつもと少し趣向を変えてみようと思います。

今日紹介する名言は読む人の解釈の仕方で意味が少し変わってきます。
英文を見て、どんな意味なのか想像しながら読み進めてみてください。

今日の「名言で学ぶ英語」

August Rain [Free Wallpaper]

Don’t cry because it’s over, smile because it happened.

もし僕なら「泣かないで、もう終わったことだから。笑って、それはもう起こったことだから」と訳すと思います。でも、この意味、あなたならどういう風に捉えますか?

嫌なことが起こったあとと考えると

上のフレーズを嫌なことが起こったあとと捉えてみましょう。
すると「泣かないで、もう終わったから。笑ってそれは起こってしまったことだから」は嫌なことはすでに終わって済んだことだから先を見て笑おうよ。という風に取ることができます。

例えば、注射が嫌いな子どもが注射のあとで泣いていたとします。
その時に「注射はもう終わったでしょ、泣かないで。もう終わって注射を打たなくて良いんだから笑おうよ」と言ってあげられるわけですね。

嫌なことが起こったのをネガティブに捉えるのではなくて、「嫌なことは終わった」「新しいことが始まる」とポジティブに捉えよう!ということです。

良いことが終わったあとと考える

もう1つは良いこと、楽しみにしていたことが終わってしまった後と捉えることもできます。

楽しみにしていた海外旅行が終わって「あー終わっちゃった…」と泣く(嘆く)のではなくて、「楽しかったなぁ」と自分が旅を楽しめたことを喜んで笑いましょう。という風に捉えることもできますね。

スポンサーリンク

これもすごくポジティブですね。

自分が思ったのと逆の解釈を見ると「そういう解釈もあるんだね」とちょっとした気づきがあって面白いですね。

それではもう一度、今日の名言を振り返ってみましょう。

Don’t cry because it’s over, smile because it happened.

この言葉を心に留めているとずっと「笑っていよう」と思えて良いですね。
ちなみに今日の名言は絵本作家の「ドクター・スース」でした。

取り上げて欲しい名言募集中

「私この名言好きだから取り上げて欲しい」「意外と知られていない名言だけどいい言葉だからみんなに知って欲しい」などありましたら、ぜひ問い合わせフォームを使って投稿していただけたら嬉しいです。

「問い合わせ内容」のところに「名言の投稿」という項目があるので、そこを選んでお送りください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS