【1分英語】「四六時中」って英語でなんて言う?

「きっかけ」って英語でどう表現する?
「そのシャツ、痩せて見えるね」って英語でなんて言う?
“That’s a shame” は「それは恥だね」?

スポンサーリンク

「ゲームを四六時中やってる」とか「彼は旅行のことを四六時中考えている」などを英語でいいたいときどうやっていいますか?

今日は教科書でも習う簡単な言い方から、ちょっと違う言い方まで全部で3つ紹介したいと思います。どの言い方もシンプルで覚えやすいので、さっそく覚えて今日から使ってみてくださいね。

「四六時中」を英語でなんていう?

Lake Wanaka #1

all the time

まず学校でも習う言い回しが”all the time”です。

「ずっと」ということですね。もうこれを知っていれば、それで十分といえば十分なんですけど、いろいろな言い回しを覚えておくと表現の幅が広がるのでぜひ覚えておきましょう。

今日は例文は最後にまとめて載せますので、次の言い回しを見ていきましょう。

day and night

“day and night”つまり「朝も夜も1日中」ということで結果、「四六時中」という意味になります。

24-7

”24−7”は”Twenty four seven”と読みます。
これは「24時間、週7日ずっと」という意味です。日本語でいうところの「24時間365日」と同じ意味です。そのため「年中無休」という意味でも使われています。

24-7については別の記事でも紹介していますので、興味がある方はそちらをご覧ください。
24時間 年中無休って英語で何て言う? | 日刊英語ライフ

スポンサーリンク

例文を見てみよう

それでは例文を見てみましょう。
どの例文でも”all the time” “day and night” ” 24-7″を使うことができます。

まずは「彼は四六時中ゲームをしている」は

He plays games all the time / day and night / 24-7

他にも「彼女は旅行のことを四六時中考えている」は

She thinks about travelling all the time / day and night / 24-7

さらにこんな使い方や

The mother is worried about her son all the time / day and night / 24-7
そのお母さんは息子のことを四六時中心配している

こんな使い方をすることができます。

I really love the watch so I wear it all the time / day and night / 24-7
あの時計すごく気に入ってます。なので四六時中付けてるんです。

今日のまとめ

どの言い方もすごくシンプルな英語を使っているので覚えやすいですね。
言い回しを忘れてしまっても、日本語の「昼も夜も」とか「24時間365日」を思い出せば、「あ、どうだ day and nightだった」とか思い出せるはずです。

いろいろなシチュエーションで使ってみてくださいね。

繰り返しフレーズに触れて復習しましょう!

何かを覚えるとき、復習をすると学習効果がすごく高いそうです。
そこで、【1分英語】シリーズでは、「前回」「3話前」「10話前」に出てきたフレーズを穴埋め形式にして紹介していきます。

前回からの出題

「今朝は道が何キロにも渡って混んでいました」を英語にしてみましょう。

The traffic was j_____ u_ for kilometres this morning

「道が空いていた」を英語にしてみましょう

The roads were q____

「道が空いてる/混んでる」って英語でなんて言う

3話前からの出題

「それ、アメとムチですね?」を英語にしてみましょう。

That’s a ______ and _____ approach, isn’t it?

「コーチはアメとムチを使ってチームのモチベーションを上げようとしている」を英語にしてみましょう。

The coach is trying to use the ______ and _____ method to motivate the team.

答えは「「アメとムチ」って英語でなんて言う?」をご覧ください

10話前からの出題

つい先ほど送ってくれたメールの文字がすべて文字化けしていました

The text in the email you just sent is all _______

答えは「【1分英語】「文字化け」を英語でなんて言う?をご覧ください。

このシリーズは「できれば毎日更新」でお届けしますが、あいだが空いてしまうかもしれません。
読み逃しがないようにぜひFacebookページを「いいね」して最新の記事のお知らせが来るようにしたり、メールで更新のお知らせを受け取るなどしてもらえると嬉しいです。詳しくは下記を参照ください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS