【1分英語】「切ない」を英語でなんていう?

「そのシャツ、痩せて見えるね」って英語でなんて言う?
英語にも「そもそも」という表現はある?
“understand” を使わずに「分かった?」

スポンサーリンク

日本語をそのまま英語にしても、なかなかしっくり来ない言葉はたくさんあります。
そんな1つが「切ない」です。

辞書を調べると「切ない思い」が”painful feelings”だったり、「切ない思いをする」が”feel painful”と書かれているんですけど、なんとなくしっくりきません。

そこで今回は「こんな言い方はどうですか?」というちょっとした提案をしてみたいと思います。
「切ない」と対になる言葉はないので、どれが正解とかはありません。

使うときの状況や、使う人の気持ちに合わせて使ってみてください。

「切ない」を英語でなんていう?

Dandelion

まず「切ない」を英語にする前に、日本語の辞書で「切ない」を調べてみました。

(寂しさ・悲しさ・恋しさなどで)胸が締め付けられる気持ち。やりきれない。やるせない。

では、「やるせない」がどんな意味なのかというと

晴らすことができず、せつない

とあります。

では、どんな言い回しが「切ない」と英語で表現できるでしょうか。

スポンサーリンク

よく見かけるのがこんな言い方です。

I feel sad/hurt inside

これはただ悲しかったり、痛い(辛い)だけではなく”inside”つまり「胸が痛い」というニュアンスがあります。

他にも「切ない」「胸が痛い」というニュアンスを現せる表現としてこんなものもあります。

My heart aches with sadness/sorrow
悲しみで胸が痛い
My heart aches with loneliness
寂しさで胸が痛い

“ache”は「痛む」のなかでも「ズキズキ痛む」という表現なので「切ない」という気持ちに近いですね。

ほかにも
他にもwistful、feel sorry for、pathetic、bitter sweet、heartrending、cruelなど状況や気持ちに応じていろいろな単語を使うことができます。

今日のまとめ

「切ない」というフレーズは「いってきます」「ただいま」「いただきます」のようになかなか英語でしっくり来る表現がありません。

「切ない」「やるせない気持ち」を”hopeless”と訳してしまうと「絶望的な」というニュアンスもくっついてきてしまいます。
「切ない」と「絶望的」はまた違うものですね。

そういった英語にするのが難しい日本語は一言で解決しようとしないで、文章として自分が思うことを伝えてみたり、あとは別の言葉でいろいろ言い換えて、相手にニュアンスを掴んでもらうしかありません。

そうやって自分の気持ちを表現するのも、異文化コミュニケーションの楽しみ&面白さの1つですからね。がんばりましょう!

繰り返しフレーズに触れて復習しましょう!

何かを覚えるとき、復習をすると学習効果がすごく高いそうです。
そこで、【1分英語】シリーズでは、「前回」「3話前」「10話前」に出てきたフレーズを穴埋め形式にして紹介していきます。

単語の最初の一文字目だけわかるようにしました。それと「 _ 」の数が単語の文字数になっています。なんだっけ…と思い出せないときはヒントとして使ってみてください。

前回からの出題

「くすぐったい!」を英語にしてみましょう。

that/it t______

「こちょこちょ」を英語にしてみましょう。

t______ t______

答えは「くすぐったい/こちょこちょ」を英語でなんていう?をご覧ください。

3話前からの出題

「自分のペースで働くことができる」を英語にしてみましょう。

I can work at my o__ p___.

「彼は先生を無視して、自分のやり方でやっています」を英語にしてみましょう。

He ignores the teacher and does his t_____ his o__ w__.

答えは「「マイペース」を英語でなんていう?」をご覧ください。

10話前からの出題

「彼らはよく給料のことで(機嫌悪く)ぼやいている」を英語にしてみましょう。

They often g______ about wages

「その従業員はサービス残業を(ブツブツと)ぼやいた」を英語にしてみましょう。

The employee m_______ about unpaid overtime

答えは「「ぼやく」って英語でなんて言う?」をご覧ください。

このシリーズは「できれば毎日更新」でお届けしますが、あいだが空いてしまうかもしれません。
読み逃しがないようにぜひFacebookページを「いいね」して最新の記事のお知らせが来るようにしたり、メールで更新のお知らせを受け取るなどしてもらえると嬉しいです。詳しくは下記を参照ください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS