【1分英語】「パクる」を英語で言う5つの方法

「かわいそう」って英語で何て言う?
「歩きスマホ」「ながらスマホ」って英語でなんて言う?
“understand” を使わずに「分かった?」

スポンサーリンク

少し前にオリンピックの国旗が大々的に「パクリ」として取り上げられてから、日本ではさまざまなパクリに関するニュースが取り上げられていますね。

ここ数日だけでもミスチルの「抱きしめたい」の歌詞をほぼ全てパクった歌があったり、Perfumeのパクリの歌が中国にあったり、なんだかパクリに敏感になっている気がしますね。

ところで、この「パクる」を英語にしたい場合、どうやって表現すれば良いんでしょう?

今日は2つのシチュエーションにあわせた「パクる」の言い方を5通り紹介します。

「パクる」を英語でなんていう?

_DSC0250

“steal”

まずは比較的カジュアルにも、そしてかしこまった場でも使えるのが “steal” です。
“steal” の場合、もの・作品や人、アイディアなどに使うことができます。

Someone stole my idea for the presentation.
僕のプレゼンテーションのアイディアはパクられた

“rip off”

“rip off” は “steal” とほぼ同じ意味なんですけど、少しカジュアルな言い回しです。

The logo was ripped off from the project.
そのロゴはあのプロジェクトからパクられた

“arrest”

「パクる(パクられる)」には「盗む」とか「マネする」以外にも「逮捕する(される)」という意味がありますね。
そんなときは “arrest” で表現します。

スポンサーリンク

He was arrested for reckless driving.
彼は無謀な運転でパクられた(逮捕された)

“nick”

“nick” はイギリス英語で使われるカジュアルな言い回しで、”steal” の代わりにも “arrest” の代わりにも使えます。

Tom nicked 200,000 yen from the till.
トムはレジから20万円をパクった。(盗んだ)

Then Tom got nicked for theft.
そしてトムは窃盗でパクられた。(逮捕された)

“pinch”

“pinch” は “steal” と同様、「盗む」の方の「パクる」で使われます。
ただし盗む物は大きなものではなく、ちょっとしたものに限ります。

You shouldn’t pinch pens from the office.
ペンを会社からパクるべきではないよ

今日のまとめ

もし何かをパクられたときは、カジュアルな場所では “rip off”、職場などでは “steal” を使うのが良さそうですね。とはいえ、そんなセリフ言う機会がない方が良いんですけどね。

ちなみに “rip off” は「ぼったくり」という意味でも使われます。以前、紹介したことがあるので興味がある方はそちらも読んでみてくださいね。

「ぼったくり」って英語でなんていう?

繰り返しフレーズに触れて復習しましょう!

何かを覚えるとき、復習をすると学習効果がすごく高いそうです。
そこで、【1分英語】シリーズでは、「前回」「3話前」「10話前」に出てきたフレーズを穴埋め形式にして紹介していきます。

単語の最初の一文字目だけわかるようにしました。それと「 _ 」の数が単語の文字数になっています。なんだっけ…と思い出せないときはヒントとして使ってみてください。

前回からの出題

「ありえない!」「マジで!?」を表現する方法を3つ言ってみましょう。

答えは「ありえない!マジで!?」の表現方法5選をどうぞ。

3話前からの出題

「娘はよく寝ぼける」を英語にしてみましょう。
My daughter is often h___ a_____

「そんな寝ぼけたこと言ってないの」を英語にしてみましょう。

Stop d_______ like that.

答えは「寝ぼける」を英語でなんていう?をご覧ください。

10話前からの出題

「三日連続で寝ていません」を英語にしてみましょう。

I couldn’t sleep three nights i_ a r__

「料理教室は2016年1月15日から6週連続で金曜日に行われます」を英語にしてみましょう。

The cooking class runs six c__________ Fridays from 15 January 2016

答えは「2日連続などの「連続」を英語でなんていう?をご覧ください。

このシリーズは「できれば毎日更新」でお届けしますが、あいだが空いてしまうかもしれません。
読み逃しがないようにぜひFacebookページを「いいね」して最新の記事のお知らせが来るようにしたり、メールで更新のお知らせを受け取るなどしてもらえると嬉しいです。詳しくは下記を参照ください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS