「まかせるよ」と一言で言いたいときの英語表現|1分英語

「どちらかというと…」って英語で何て言う?
辞書には載っていない、よく使う「いつか」
これ、英語でなんて言う?「プチプチ」と「コロコロ」

スポンサーリンク

どこに遊びに行くか、どこにご飯を食べに行くか、何を買うかなど自分で判断しないで、相手に任せたいとき「任せるよ」と言うことありますよね。

和英辞書を調べてみても、日常会話で本当によく使われる表現は載っていませんでした。

そこで今日は日常生活でよく使われる「任せるよ」の表現を紹介します。

「任せるよ」を英語でどういう?

at the beach-27

まず最初に辞書を調べると出てくる表現の中から1つ、日常会話でも耳にする “leave” を使った表現を紹介します。

I will leave everything to you.
すべてあなたに任せます

I will leave the rest to you.
残りはあなたに任せます

I will leave it/this/that to you.
これ/それはあなたに任せます

I will leave that choice to you.
選択はあなたに任せます

I will leave the colour to you.
色はあなたに任せます

この言い方の場合、「何を任せるか」を “leave” と “to” のあいだに入れてあげればいいだけなので簡単ですね。

もっとシンプルな一言で言える表現も見てみましょう。

(It’s) up to you.
あなたに任せます

この言い方は短いフレーズなので会話の中で本当によく使われます。

A:Where do you want to go for lunch?
どこにお昼食べに行きたい?
B:Up to you.
任せるよ

A:Do you think you can come over to the party on Sunday?
日曜日、パーティーに来られそう?
B:I don’t know. It’s up to my wife.
わからないな。嫁次第だな

今日のまとめ

今回紹介した2つの表現はどちらも “you” ではなく、別の人にすることもできます。

スポンサーリンク

“Up to you” とだけ言うのは少しカジュアルなので、仕事などで使いたいときは “It’s up to you”もしくは “I will leave it (up) to you” を使った方が丁寧な印象を与えることが出来るのでお勧めです。

■”What are you up to?” もネイティブがとてもよく使う挨拶のフレーズです↓

繰り返しフレーズに触れて復習しましょう!

何かを覚えるとき、復習をすると学習効果がすごく高いそうです。
そこで、【1分英語】シリーズでは、「前回」「3話前」「10話前」に出てきたフレーズを穴埋め形式にして紹介していきます。

単語の最初の一文字目だけわかるようにしました。それと「 _ 」の数が単語の文字数になっています。なんだっけ…と思い出せないときはヒントとして使ってみてください。

前回からの出題

「なるほどね!」を英語にする表現を2つ紹介しました。
何と何だったか思い出せますか?

答えは「なるほどね!」にピッタリな英語表現をご覧ください。

3話前からの出題

「ちょっと凹んでいます」を英語にしてみましょう。

I’m a little d___

「彼女は最終試験を通らなかったので凹んでいます」を英語にしてみましょう。

She’s been d________ because she couldn’t pass the final exam

答えは「凹む」って英語でなんていう?をご覧ください。

10話前からの出題

“Happy new year!”と言われたらどのように答えますか?
答えを3つ紹介しました。もし思い出せない場合は、Happy New Yearへの返事はどうすれば良い?を読み直してみてくださいね。

最新の記事を自動でお知らせします!

このシリーズは「できれば毎日更新」でお届けしますが、あいだが空いてしまうかもしれません。
読み逃しがないようにぜひFacebookページを「いいね」して最新の記事のお知らせが来るようにしたり、メールで更新のお知らせを受け取るなどしてもらえると嬉しいです。詳しくは下記を参照ください。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS