GiftとPresentはどう使い分ける?|1分英語

ポリティカル・コレクトネスにまつわる英語表現
「りんごもパイナップルも好きじゃない」をシンプルな英語で
スッキリ使い分け!「列」を表す英単語

スポンサーリンク

今回は前回の話の続きです。

前回の1分英語で「Souvenirは友だちにあげるお土産という意味で使わない」という話を紹介しました。

その代わりに使う言葉として”gift”と”present”を使いますよ。というところで話が終わりました。

そこで今回は具体的に”gift”と”present”どちらを使えば良いのか、2つの言葉の違いを紹介していきます。

giftとpresentの違いって何だろう

gift box orange

日本語で「ギフト」と「プレゼント」は似ていて微妙に違う言葉ですね。「誕生日」に付くのは「プレゼント」です。「ギフト券」とは言っても「プレゼント券」とはあまり言いません。

では、英語ではどうか?というと、人や地域、年代によって”gift”と”present”の捉え方が違ってくるようなんです。

特に地域性がかなり強いらしく調べてみると、アメリカでは”gift”が多く使われ、イギリスでは”present”が多く使われるなんていう話もあります。

もともと“gift”は「贈り物」という意味以外に、「(神様からもらった)才能」という意味があります。つまり「神様からの贈り物」という流れから「目上の人が目下の人に贈るもの」というニュアンスがあります。

スポンサーリンク

また「才能」という言葉からも想像できるとおり、高価なものだったり希少なもの、また「物」に限らずお金や商品券の場合は”present”ではなく”gift”が使われます。

ところが“present”は「目上から」というニュアンスがなく、目下の人から目上の人へ、また同僚・友だちなど親しい人に対しても使うことができ、贈るものも高価なものでなくても良いという考えもあります。

今日のまとめ

友だちなど個人に「物」を贈りたいときは”present”を使いましょう。

“present”と”gift”のどちらを使うのかは幸い(?)英語がネイティブの人たちも地域によって意見が別れています。
なので、どちらが正解でどちらが不正解という「絶対これ」というルールがありません。

”gift”には「高価なもの」「目上の人から目下の人へ」というニュアンスが含まれることを考えると”present”を使うのが無難ですね。

繰り返しフレーズに触れて復習しましょう!

何かを覚えるとき、復習をすると学習効果がすごく高いそうです。
そこで、【1分英語】シリーズでは、「前回」「3話前」「10話前」に出てきたフレーズを穴埋め形式にして紹介していきます。

単語の最初の一文字目だけわかるようにしました。それと「 _ 」の数が単語の文字数になっています。なんだっけ…と思い出せないときはヒントとして使ってみてください。

前回からの出題

旅行先で買ったお土産を友だちにあげるとき”souvenir”は使いません。どうしてでしょう?

答えは旅行先で買った友達へのお土産はSouvenirではないをご覧ください。

3話前からの出題

「ジョンとサラは付き合い始めた」を英語にしてみましょう。

John and Sara started d_____

「どのくらい付き合っていますか?」を英語にしてみましょう。

How long have you been t_______?

答えは「2人は付き合ってる」を英語でいうにはをご覧ください。

10話前からの出題

「先週、ミシェルがジョッシュを振りました」を英語にしてみましょう。

Michelle d_____ Josh last week

「先月、あの男に振られた」を英語にしてみましょう。

I got d_____ by the guy last month

答えは「「彼氏/彼女に振られた、振った」を英語でいうと?」をご覧ください。

最新の記事を自動でお知らせします!

このシリーズは「できれば毎日更新」でお届けしますが、あいだが空いてしまうかもしれません。
読み逃しがないようにぜひFacebookページを「いいね」して最新の記事のお知らせが来るようにしたり、メールで更新のお知らせを受け取るなどしてもらえると嬉しいです。詳しくは下記を参照ください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS