ネイティブがよく使う「また何かあったら連絡するね」

単語が伝わらない!分からない!さて、どうする?
“Shall I 〜 ?” は使わない?
ネイティブがよく使う “catch” の表現

スポンサーリンク

「また何かあったら連絡するね」というフレーズ、とっても便利だと思いませんか?

例えば、あなたが飲み会の幹事をすることになったとします。

会場、集合時間・場所など「決まり次第連絡するね」というニュアンスで「また連絡するね」「随時連絡するね」と言うとしたら、どんなふうに表現しますか?

今日は私の周りのネイティブがとってもよく使う、シンプルな表現を紹介します!

「連絡するね」

「連絡する」を直訳しようとするとけっこう難しいですよね。

和英辞典には “contact”、”communicate”、”inform” や “notify” という単語が載っていたりしますが、冒頭で出てきたような友達同士のカジュアルな会話では、こういった単語はあまり使われません。

その代わりによく耳にする表現の1つに、以前にコラムで紹介した “let you know” があります。

“I’ll let you know(あとで知らせるね)” なんかは、めちゃめちゃよく使われるので絶対に覚えておきたいフレーズです。

でも、今回取り上げるのは、もっと違う表現なんです。

スポンサーリンク

「随時連絡します」

その表現とは “keep you posted” というフレーズ。耳にしたことはありますか?

“post” は「ポストに投函する」といった意味でよく知られていますよね。でも、他にも意味があって、オックスフォード現代英英辞典にはこんなふうに書かれています。

keep somebody posted = to regularly give somebody the most recent information about something and how it is developing

何かしら情報のアップデートがあれば教えるね、といったニュアンスです。

日本語でも「進展があったら連絡するね」や「最新の情報を逐一お知らせします」と言うことがありますよね。まさにそんな感じで、カジュアルな会話だけでなく、仕事の場面で使われることもあります。

Hats Off To (Katherine) Mansfield

「進捗状況を逐一教えてね」

また、逆に「進捗状況を逐一教えてね」「情報のアップデートよろしくね」と言いたい場合にも使えるんです。

“keep you posted” の “you” を “me” に変えて “(Please) keep me posted” でOK。シンプルですよね。

Cambridge Dictionaries Onlineには、こんな分かりやすい解説と例文が載っていました。

keep sb posted = to make sure that someone always knows what is happening:
・Keep me posted on anything that happens while I’m away.

「〜について」と言いたい場合には、上の例文のように “on 〜” を後ろにつけますが、会話の流れがあるときは “Keep me posted” だけでも使えます。

フレーズで覚えよう!

“post” を英和辞典で調べてみると「(人に)新情報を知らせる」という意味が書いてあります。

でも、その日本語の意味だけを覚えるのではなく、”I’ll keep you posted” や “Keep me posted” のようにフレーズで口に出して覚えてしまいましょう!

そうすると、いざ使うときにスルッと口から出てきてくれるはずです。新しい単語は、実際に使うことを意識して身につけることが大切ですからね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS