Add Friend

[週刊] 今週のまとめ 10月9日-10月14日

[週刊] 今週のまとめ 2月5日-2月10日
[週刊] 今週のまとめ 10月16日-10月21日
[週刊] 今週のまとめ 7月3日-7月8日

スポンサーリンク

今週も日刊英語ライフを読んでいただき、ありがとうございました!

今週は、未来を表す文法のことを詳しくお届けしました。”will”、”be going to”、現在進行形・現在形で表す未来の使い分けはできていますか?さらに “Can you 〜” で始める質問の落とし穴や選挙にまつわる英語、「カボチャ」は英語でなんて言う?などのコラムもお届けしました。

すでに一度読んでいただいた方、内容を忘れてしまったコラムはありませんか?
もう一度復習すると、記憶に定着して忘れにくくなりますよ。

読み逃したコラムがあれば、そちらもぜひ読んでみてください!

ちょっと意識したい “can” と “do” の使い分け

「〜できますか?」と尋ねるときに “Can you 〜?” ばかり使っていませんか?

実は “Can you 〜?” ではなく、他の表現で聞くことの方が多い「〜できますか?」もあるんです。

それは一体どんな場合なのでしょうか?

スポンサーリンク

意外と簡単⁈ 選挙・投票にまつわる基本の英語表現

日本では今月の下旬に選挙が行われることが決まっていますよね。

そこで今回のコラムでは「選挙」「投票」にまつわる英語表現を紹介したいと思います。

「選挙」「有権者」「投票する」「投票用紙」「選挙区」これらを英語で言えますか?

will と be going to の違いって何?どう使い分ける?

“will” と “be going to” の違い、理解できていますか?

両方とも未来のことを話すときに使われますが、どうやって使い分けたらいいのかイマイチ分からない、という方はいませんか?

この2つの決定的な違いとは何かを紹介します!

Gouldian Finch

「〜するつもり」以外の “be going to” の意味と使い方

前回のコラムに続いて “be going to” のお話です。

スポンサーリンク

“be going to 〜”は「〜するつもり」以外の意味で使われることもあるんです。

それはどんな場合なのでしょうか?「〜するつもり」と合わせて覚えておきたい使い方を紹介します。

未来を現在進行形・現在形で表すのってどんな時?

未来のことを表すのに “will” や “be going to” ではなく、現在進行形が使われているのを目にしたことはありませんか?

また、現在形で未来を表す場合もあります。

これらはどうやって使い分ければいいのでしょうか?

「かぼちゃ」は英語で “pumpkin” ではないって本当?

日本で食べている「カボチャ」は英語で “pumpkin” とは言わない、という話を聞いたことはありますか?

最近テレビで取り上げられて話題になったので、ご存知の方もいらっしゃると思います。

では、本当に緑のカボチャは “pumpkin” ではないのでしょうか?

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS