[週刊] 今週のまとめ 11月27日-12月2日

[週刊] 今週のまとめ 6月26日-7月1日
[週刊] 今週のまとめ 1月30日-2月4日
[週刊] 今週のまとめ 1月9日-1月14日

スポンサーリンク

今週も日刊英語ライフを読んでいただき、ありがとうございました!

今週は「クリスマス」を “Xmas/X’mas” と書くのは正しい?、遅刻しそうな時に使う「少し遅れます」の定番フレーズ、ネイティブがよく使う “go” を使わない「行く」の表現などのコラムをお届けしました。

すでに一度読んでいただいた方、内容を忘れてしまったコラムはありませんか?
もう一度復習すると、記憶に定着して忘れにくくなりますよ。

読み逃したコラムがあれば、そちらもぜひ読んでみてください!

クリスマスはなぜ “Xmas” と書くの? “X’mas” は正しい?

だんだん12月が近づいてきましたね。

街ではクリスマスツリーが飾られたり、クリスマスっぽい飾り付けが目立つようになる季節、”Xmas” や “X’mas” という書き方を目にすることもあると思います。

この “Xmas” や “X’mas” って正しい英語なのでしょうか?

ヤバい!「遅刻します」を英語で

待ち合わせの時間に遅れてしまうことってありますよね。

スポンサーリンク

「10分遅れます」「ちょっと遅れてます」「遅れてごめんね」って英語で何て言えばいいんでしょうか?

今回はそんなシチュエーションでよく使われるフレーズを紹介します!

“Do your best” は「頑張ってね」ではない

試験や面接など、何か大きなことを目前に控えている人に向かって言う「頑張ってね!」

これを “Do your best!” と言っていませんか?

実は、人に「頑張って」という時には “Do your best” はちょっと違和感がある場合があるんです。

Introspection

ネイティブがよく使う、”head” で表す「行く」

「行く」を英語で表す時、”go” を使いがちではないですか?

ネイティブは “go” 以外にも “head” という単語を使って表すことも多いんです。

スポンサーリンク

今回は、そんな “head” の意味と使い方を紹介します!

“very” を使わずに「めっちゃ熱い」を英語で

コーヒーやスープなど、熱いのが好みの方はいませんか?

そんな「めちゃくちゃ熱い」や「熱々の」を英語にするとき、”very hot” 以外にも言い方があるって知っていましたか?

今回は、知っているとちょっと役立つ単語を紹介します。

ネイティブがよく使う!”sorry” の活用法

“sorry” といえば、”I’m sorry.(ごめんなさい)” というフレーズでおなじみですよね。

今回は「ごめんね」ではない “sorry” と、ネイティブがよく使うちょっと応用した “sorry” の使い方のお話です。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS