Home英語コラム

“later today” ってどんな意味?

「ちょっと顔を出すよ」って英語でなんて言う?
「怖い」「ゾッとする」って英語で何て言う?
“understand” を使わずに「分かる」「分かった」を英語で

スポンサーリンク

“later” といえば、”See you later.” や “I’ll do it later.” みたいに使いますよね。「後で」という意味です。では、

  • I’ll call you later today.

と言われたら、どんな意味だと思いますか?

今回はネイティブがよく使う “later” のお話です。

“later today” ってどんな意味?

冒頭に出てきた文章、

  • I’ll call you later today.

は以下の2つのどちらの意味だと思いますか?

  1. 今日よりあとで(=明日以降)に電話します
  2. 今日、あとで電話します

正解は…2の「今日、あとで電話します」です。

これ、私の周りのネイティブが結構よく使う表現なのですが、最初に言われたときは「今日のあと(明日以降)」なのかな?と思いました。

でも、そうではありません。”later today” は「今日あとで、のちほど」という意味になります。

スポンサーリンク

「今よりあとの今日中のいつか」を指しているので、具体的にどれぐらい後なのかは曖昧ですが、ニュアンス的には「すぐあと」ではなく、ちょっと時間をおいた後です。

  • I’ll get back to you later today.
    今日のちほど、折り返し連絡します
  • Further details will be released later today.
    詳細は今日のちほど公表されます

そして、”later today” の “today” の部分を別の単語に置き換えた、いろんなバリエーションがあります。

“later this morning/afternoon/evening” とは?

“later today” はちょっと漠然としすぎて、今日のどのタイミングなのか掴みにくいですが、

  • later this morning
  • later this afternoon
  • later this evening

なんかもよく使われるフレーズで、これだと「あとで」がいつなのかが、よりハッキリします。「今より後の午前中(/午後中/夜じゅう)のいつか」ということですね。

先日の夕方、ある人からの電話を取ることができなかったら、すぐに携帯にメールが送られてきて、

  • I’ll call you later this evening.

と書かれていました。そして7時ぐらいに電話がかかってきました。
他にも、家の窓ガラスにヒビが入ったときに業者に連絡したら、翌朝メールで、

  • I will be sending one of my team over later this morning.
    のちほど午前中に、そちらに人を送ります

と返事が送られて来たり、他にも、会社で午前中に誰かから仕事を頼まれそうになったら、

  • I’ll be heading off to Nagoya later this morning.
    今日はこのあと午前中に名古屋に行くんです

みたいにも使えます。”later” だけだといつなのかが限定しにくいですが、厳密に「○時」とも言えないような場合に、曖昧に「今より後の午前中(/午後中/夜じゅう)のいつか」を表せる便利な表現だなと思います。

スポンサーリンク

“later this week/month/year” も使える!

さらに、同じパターンで、

  • later this week
  • later this month
  • later this year

もよく使われる表現で、これらも「今より後の今週中/今月中/今年中のいつか」です。例えば、

  • I’m moving to Yokohama later this year.

は「今年のちほど横浜に引っ越します」なので、今から年末までの間に引越しをするということです。そして、

  • The service will be launched later this year.

は、今より後の年末までの間のいつかにサービスが開始されるということです。さらに、

  • I’ll be in touch later this week.
    今週のちほど連絡しますね

は「今から今週末までのいつか」です。ただ、これを言っているのが月曜日なら “later this week” は火曜日ではなく「週の中頃から後半」のことが多いかなと思います。

どれも “later” なので「すぐあと」ではないニュアンスを感じさせつつも、日程や時間などが具体的に決まっていない「ざっくりとした時間・時期」を表す場合によく使われます。

“later” や “today”、”this year” を知っていればなんてことない表現ですが、私が初めて耳にしたときに “later” と “today” や “this year” を組み合わせて使うんだ!と新鮮に思ったので紹介してみました。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS