Home週刊まとめ

[週刊] 今週のまとめ 8月8日-8月13日

[週刊] 今週のまとめ 4月11日-4月16日
[週刊] 今週のまとめ 5月25日-5月30日
[週刊] 今週のまとめ 2月17日-2月22日

スポンサーリンク

今週も日刊英語ライフを読んでいただき、ありがとうございました!

今週は「〜すればよかった」や「髪が伸びる」を英語で言うと?、ネイティブがよく使う “How’s your day been?” の意味、”got” と “gotten” の違い、”stone” の「石」ではない意外な意味とは?などのコラムをお届けしました。

すでに一度読んでいただいた方、内容を忘れてしまったコラムはありませんか?
もう一度復習すると、記憶に定着して忘れにくくなりますよ。

読み逃したコラムがあれば、そちらもぜひ読んでみてください!

「〜すればよかった」を英語で言えますか?

日常生活の中で「〜すればよかった」と、ちょっと後悔するようなことがありますよね。

「後悔する」は “regret” ですが、日常のちょっとした「〜すればよかった」を表すのに “regret” はあまり使いません。

代わりに、ネイティブがよく口にするのはこんなフレーズなんです↓

“How’s your day been?” ってどんな意味?使い方は?

“How’s your day been?” と聞かれたら、どんなふうに答えますか?

そもそも “How’s your day been?” ってどんな意味なのでしょうか?

スポンサーリンク

ネイティブがよく使うこのフレーズを取り上げます!

“got” と “gotten” の違いは何?

“get” の過去分詞は何でしょうか?

実は “got” と “gotten” の2パターンがあるんです。

では、これらの2つの違いは何だと思いますか?

New Zealand

「髪が伸びる」「髪が伸びたね」って英語で何て言う?

今回は「髪」にまつわるフレーズをお届けしたいと思います。

「髪、伸びたね!」
「前髪が伸びすぎてたから切ったよ」
「(切りすぎても)また伸びるよ」

これらを英語で言えますか?

「石」ではない “stone” の意味とは?

“I lost a stone.”

スポンサーリンク

これってどんな意味だと思いますか?

イギリス英語で使われる、ちょっと面白い表現を紹介します!

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS