“-able” でビックリ これも英語だった!

スポンサーリンク

シリーズでお伝えしている《英語っぽいのに通じない単語たちシリーズ》では、カタカナ英語なので英語としては通じないものを紹介していますが、今日は逆に日本語になっている英語の話と、それも英語だったの?と個人的にビックリした話をしたいと思います。

語尾に “able” が付く単語

日本語になっている単語では、ポータブル・ディスポーザブル・アンビリーバブル、あとはサステイナブルなんかも聞くようになりましたが、どれも動詞に “able” がくっついて「◯◯できる(可能な)」という意味になっています。

portable = 持ち運びできる
disposable = 使い捨ての(捨てることができる)
unbelievable = 信じられない
sustainable = 持続可能な

といったカンジですね。

その昔、ロバート・デニーロ、ショーン・コネリー、ケビン・コスナー、という錚々たるメンバーが出演した『アンタッチャブル(The untouchables)』という映画もありましたね。これにも “able” がくっついてます。

6782503029_7c499e1592_z-1
© lillyshia

↑この方たちもアンタッチャブルですね。個人的に大好きです(笑)

そもそも “able” って?

“be able to 〜 = 〜することができる” と学校で習いましたよね?英英辞書で調べてみても、

having the power, skill, means, or opportunity to do something

となっています。

スポンサーリンク

そんな”able” は、動詞にくっつくと「◯◯できる」という形容詞になる便利ワードなんですが、私はニュージーランドに来てから、ある「◯◯アブル」という日本語が実は英語だった、と知って目からウロコが落ちた経験があります。

その言葉とは何でしょうか?ヒントは、胃薬やサプリメントです。

分かりますか?

正解は・・・

チュアブルです。これ、英語だと知っていた方はどれぐらいいるでしょうか?
意外とみなさんお気付きだったりするかもしれまんが・・・

日本にいる時は「変な響きだな」と思いながらも、どんな意味なのかギモンに思ったことはありませんでしたが、ニュージーランドで胃薬の箱に英語で書いてあるのを見て、初めて意味が分かって驚きました。

“chew(噛む・噛み砕く)” + “able” = “chewable”
なぜチューアブルにならなかったのかギモンが残るところですが「チュアブル」の意味の謎が解けたのでスッキリです。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS