“can” と “be able to” の違いは?どう使い分ける?

「どうぞお座りください」って英語でなんて言う?
「どう?」「どんな?」「どこ?」日本語訳に惑わされてはいけません
「行けたら行く」「来れたら来て」って英語でなんて言う?

スポンサーリンク

“can” と “be able to”。どちらも「〜できる」を表す英語ですよね。
ではこの2つ、どうやって使い分けていますか?

何となく…で使っている方も、今日からスッキリ使い分けてみましょう!

“can” と “be able to” の違い

このサイトではおなじみのEnglish Grammar in Useには、この2つの違いがこう書かれています。

You can say that somebody is able to do something, but can is more usual.

つまり「〜できる」という能力を表す場合には “can” も “be able to” もどちらも使えるんですね。

ただ、口語では “can” の方が圧倒的によく使われていて、”be able to” を使うとフォーマルすぎると言うか、ちょっと不自然な感じがすることもあります。(可能性を表す場合には “be able to” も使われて、こちらの方が “can” よりフォーマルな表現になります)

でも、”can” は文章によっては使うことができなかったり、逆にほぼ “can” が使われる場合もあるので、使い分けをまとめてみました。

“be able to” しか使えない場合

Application - glasses - pen

“can” が使えない場合、というのがいくつかあります。
それは、文法的にそこに助動詞を入れることができない場合で、それらの場合には必ず “be able to” になります。

スポンサーリンク

■【助動詞】の後ろに来る時

助動詞(will/should/may/might/mustなど)と一緒に使う場合には、必ず【助動詞+be able to】という形になります。例えば、

  • She will be able to walk soon.
    彼女はすぐに歩けるようになるだろう
  • Unfortunately, I won’t be able to attend the meeting.
    残念ながらその会議には出席できません
  • Applicants must be able to speak fluent English.
    応募者は流暢な英語を話せないといけない

のような感じですね。他の助動詞の後に “can” を続けることはできません。

■【完了形】で使う場合

“can” には過去分詞というものがないので【have/has+過去分詞】などで表される完了形で使う場合には “be” の過去分詞 “been” を使って【have/has+been able to】になります。否定形で使われることが多いです。

  • I haven’t been able to sleep recently.
    このところ眠れない
  • I haven’t been able to contact him for a week.
    彼と1週間連絡が取れない

■【to 不定詞】として使う場合

“to can” というパターンは文法的に存在しないので、必ず “to be able to” になります。

  • I’ve always wanted to be able to play the piano.
    ピアノが弾けるようになりたいとずっと思っていた
  • Do I need to be able to speak English?
    英語が話せる必要はありますか?(話せないといけませんか?)

“can” の方がよく使われる場合

52/365

最初に「”can” と “be able to” はどちらでも同じ意味で使えるけど、”can” の方がよく使われる」と紹介しました。

“be able to” は使わないということではないので、使われることもあるのですが、実はほぼ “can” で表される場合というのがあります。それは、

■五感を表す動詞と一緒に使う時

“see/hear/smell/taste/feel” などの五感を表す動詞と一緒に使う場合には、”can” を使うのが一般的です。

スポンサーリンク

  • I can see you.
    君が見えるよ
  • Can you hear me?
    私の声が聞こえる?

■「やり方を知っている」を表す時

“know how to” という意味での「やり方を知っている→できる」という能力を表す時は “can” が使われることが多いです。

  • I can cook.
    私はお料理ができます
  • Can you drive a car?
    車を運転できますか?

* “be able to” は「シチュエーション的/物理的に可能?」のようなニュアンスで使われることが多いように思います。
例えば、”Are you able to cook?” は手にケガをしている人に「できる?」と聞く場合や、時間的・器具的な制約があったりして「できる?」と聞くような感じです。

■話しているその瞬間の「〜できる」

これはAdvanced Grammar in Useにいい例文が載っています。

  • Watch me, Mum; I can stand on one leg. (not…I’m able to stand on one leg.)
    ママ見て!片足で立てるよ!

こんなふうな、今話している間に起こっている「〜できる」を表す場合には “be able to” は使わないんですね。

■受け身の前に来る時

受け身(受動態)の文章では “can” が使われることがとても多いです。例えば、

  • This can be used as a sofa or a bed.
    これはソファとしてもベッドとしても使える

みたいな感じですね。

■物や場所が主語の場合

主語が人ではなく、物や場所が「〜できる」を表す場合には “can” を使うのが一般的です。

  • This room can sleep up to 3 adults.
    この部屋は3人まで泊まれます

まずは “be able to” の使い方をマスターしよう

なんだか色んなパターンがありすぎて、ちょっとややこしくなってきましたか?

スポンサーリンク

まずは文法的に “be able to” しか使えないパターンだけをマスターしてしまいましょう!その他の場合には圧倒的に “can” の方が出番が多いので、とりあえず “can” を使うというのも1つの手かもしれません。

ちなみに、”can’t” を省略せずに書くと “cannot” が正解です。”can not” と2つに分けてしまう人が意外に多いので、気をつけてくださいね。

過去形の「〜できた」の使い分けは?

過去形の「〜できた」を表す “could” と “was/were able to” の使い分けは、ちょっと注意が必要です。

多くの人が間違えてしまうのが「〜に行くことができた」「〜を見つけられた」のような、一回の動作に “could” を使ってしまうこと。
こんな場合には “was able to” や “were able to” を使って表します。

詳しくはこちらのコラムでご覧ください↓

いろんな使い分けにまつわるコラム

以下のコラムでは、よく似た単語・フレーズの違い・使い分け方を紹介しています。ぜひ合わせてご覧ください!







こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS