「東京に2年間住んでいたことがある」って英語でなんて言う?

“sad” だけじゃない!ショックで悲しい時に使う表現
「ぬいぐるみ」って英語でなんて言う?
意外と使える単語 “wonder”

スポンサーリンク

あなたは以前、東京に住んでいたとします。そして、今はどこか別の場所に住んでいます。
これを誰かに伝える時には「東京に2年住んでたことがあるよ」なんていうふうに言いますよね。

これを英語で言うとしたら、あなたならどう表現しますか?
以下の3つの中から選んでみてください。

  1. I have lived in Tokyo for two years.
  2. I had lived in Tokyo for two years.
  3. I lived in Tokyo for two years.

迷わずにサッと選べましたか?
こんな場合、ネイティブはどんなふうに表現するのか見てみましょう。

「〜に◯年間住んでいたことがある」は過去形で表すことが多い

早速答えから書いてしまうと、冒頭に登場したような「〜に◯年住んでいたことがある」を表す場合には、3番のシンプルな過去形を使うことが圧倒的に多いです。つまり、

  • I lived in Tokyo for two years.

になるんです。

1番の現在完了も間違いではないと思いますが、私が出会ってきたネイティブの人たちは過去形を使うことの方が断然多いんです。

では、なぜ過去形になるのでしょうか?

現在完了を使わない理由

English Grammar in Use にはこんな解説があります。

Do not use the present perfect (I have done) when you talk about a finished time (for example, yesterday / ten minutes ago / in 1999 / when I was a child). Use a past tense.

過去に終わってしまったことには現在完了(the present perfect)を使わずに、過去形を使いなさいと書いてありますね。

また、過去形と現在完了との比較でこんな例文が出ています↓

スポンサーリンク

We use the past simple for a finished time in the past.

  • Ian lived in Scotland for ten years. Now he lives in London.

We use the present perfect for a period of time that continues until now.

  • Ian lives in London. He has lived there for seven years.

つまり、”I have lived in Tokyo for two years” と言うと、現在も東京に住んでいて、その期間が2年間ということになってしまいます。

それは言いたい内容とはちょっと違いますよね。

Tokyo Tower

「でも、〜した事があるって現在完了で表せるんじゃないの?」と思った方、その通りなんです。

実際に “I have lived in Tokyo” や “I have lived in twenty countries” のような言い方をすることがあります。

ただ、”have lived” と “for 期間” を一緒に使うと、先ほど紹介した「(今も含めて)ずっと住んでいる」という意味で捉えられることが多いので、よりハッキリさせるために「東京に2年間住んだ(=終わった過去の事)」は過去形で表すのではないか、と思います。

過去完了を使わない理由

2番の文章 “I had lived in Tokyo for two years” だと思った方は、おそらく「過去の一定期間に起こったこと」だから、過去完了(the past perfect)を使うと思ったのかもしれません。

でも、過去完了はそういう場合に使うのではないんです。
これも English Grammar in Use の例文がとても分かりやすいので引用すると、

Sometimes we talk about something that happened in the past:

  • Sarah arrived at the party.

This is the starting point of the story. Then, if we want to talk about things that happened before this time, we use the past perfect:

  • When Sarah arrived at the party, Paul had already gone home.

過去に何かが起こったという基点があって、それ以前にすでに起こっていたことを表すのが過去完了なんですね。

なので「東京に2年間住んだ」というのは、普通は過去完了では表しません。
でも「大阪に引越す前に東京に2年間住んだ」なら、話は別です。この場合は過去完了を使って、

  • I had lived in Tokyo for two years before I moved to Osaka.

と言うことができます。過去の基点が「大阪に引っ越した」で、それより以前に起こっていたことが「東京に2年間住んだ」なので、上で紹介した過去完了の使い方にちゃんと沿っていますよね。

“used to live” も使えます

「過去に〜だったけど、もう今はそうではない」を表す場合には “used to 〜” で表すことも多いです。

なので「東京に2年住んでいたことがある」は、

  • I used to live in Tokyo for two years.

と言うこともできるんですね。単に “I used to live in Tokyo” と言うことも多いです。

また、”used to 〜” を使った文章を疑問文にするには、”Did you use to 〜?” を使うので、こちらも合わせて覚えておくと、

  • Did you use to live in Japan?
    以前日本に住んでいたの?

という感じで使えるので、日本のことにやたら詳しい人に海外で出会った時などに役に立つと思いますよ。

■現在完了については以下のコラムでも詳しく解説しているので、ぜひ合わせてご覧ください↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS