こんな時 “he/she” は使わない?

“go” を使わずに「行ける」「行けない」を表す方法
「行けたら行く」「来れたら来て」って英語でなんて言う?
「必ずしも〜である必要はない」って英語で何て言う?

スポンサーリンク

今日は、私が日本で英語の勉強をしていたときには気付かなかった、ある単語の使い方のお話です。

例えばこんな場面を想像して下さい。

あなたは友達と海外旅行中に、駅で切符の買い方が分かりませんでした。
そこで、友達は駅員さんを呼びに行きました。

あなたが券売機のところに一人で立っていると、そばにいた親切な一人の女性が買い方を教えてくれました。そこに友達が駅員さんを連れて戻ってきました。

そこで、友達に向かって「彼女が今、切符の買い方を教えてくれてるんだ」と英語で言うとします。

このセリフ、あなたならどんな英語にしますか?

“She’s showing me how to …”?

「彼女が今、切符の買い方を教えてくれているんだ」
これを英語にするとしたら、どんな単語で文章を始めますか?

「彼女が…」と言っているので、迷わず “She” を選びませんか?

私も、こういった名前の分からない人を目の前にして「この人が」と言いたい時、女性の場合は迷わず “She” と言っていました。

スポンサーリンク

でも実は、こんなシチュエーションで “she” はあんまり使わないんです。

「この方」「あの方」を意味する単語

日本語では、上のシチュエーションの様な、当人が目の前にいる場合、その人の名前が分からなければ「彼女が」とも言いますが「この方が」なんていう言い方もしますよね。

その「この方」にあたる言い方が英語にもあるんです。
それが “lady (gentleman)” です。

実は、この使い方は以前の職場でとってもよく耳にしました。

例えば、お母さんと小さな子どもがアイスクリームを買いに来た時。
子どもが大事そうにアイスクリームを持って、私がいるレジの前まで来ます。

そこでお母さんは子どもに向かって “Give it to the lady” と言います。
ここで “Give it to her” とは言わないんです。

Eagerly Awaiting Popsicle

他にも、お客さんに「どこ出身なの?」と聞かれて「大阪だよ」と言うと、「行ったことあるよ!」という話になったりして、その後でそのお客さんのパートナーが登場すると “This lady is from Osaka” のように話している、という事もよくありました。

ちょっと長くなりましたが、何が言いたいかと言うと、目の前の名前が分からない人のことを話す時には “she/he” とは言わずに “lady/gentleman” が使われるということです。

“lady” と “gentleman” の意味

そもそも、”lady” を使う表現って “Ladies and gentlemen” ぐらいしか知らなかったので、この使い方を初めて耳にした時はとても新鮮でした。

最初は「”this lady” なんて、上品に呼んでくれるなぁ」と思っていたのですが、何度も耳にする度に「何か違うぞ」と思い始めました。

辞書を引いてみると、ちゃんと載っています。

lady:ご婦人、女のかた([丁寧に] 当人を前にして「あの方」「この方」と間接的に指して言う場合)

と書いてあります。

「ご婦人」という意味はよく知られていますが、ポイントはカッコの中です。当人を目の前にして「この方」「あの方」と言う時に “this lady” や “that lady” が使われます。

名前を知っている場合は、できるだけ名前で

以前にもコラムで書いたことがありますが、日本人は本人を目の前にした時には相手を名前で呼ぶ習慣がありません。でも、英語圏(少なくともニュージーランド)では少し違います。

“Hi, John” や “Thank you, John” のように名前をつけて言うのは当たり前。
“This lady …” と言うのも名前が分からない場合のことで、名前を知っている場合は必ず名前で言います。

また、お互いが知っている人のことを話す時は、例えば「ちょっと奥さんに聞いてみるね」と言うような時でも “I’ll ask my wife” よりも、名前を使って “I’ll ask Kate” のように言うことが多いです。

たまに知らない名前がいきなり会話に出てきて「誰のこと?」となったりもしますが、それぐらい名前で呼ぶというのは基本的な習慣です。

なので、”this lady” “this gentleman” は他人で本当に知らない人ぐらいにしか使いませんが、目の前にいる名前が分からない人のことを話す場合は “lady/gentleman”、ぜひ覚えておいて下さいね。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS