「見る」以外でよく使われる “watch” の意味

“will” は「未来形」ではない?”will” の使い方
「間違えて〜してしまった」は英語で何て言う?
「でも、だけど」を表す “though” の便利な使い方

スポンサーリンク

先日、道を歩いていたら、道路脇に置かれていたある手書きの看板が目に入ってきました。

そこには “watch” という単語が使われていたのですが、”watch” と言えば「見る」以外にどんな意味を思いつきますか?

“watch” は「見る」だけではなく、実は違う意味でも日常の生活によく登場する単語です。

今回のコラムでは絶対に覚えておきたい “watch” の意味と使い方をおさらいしてみましょう!

そもそもの “watch” の意味とは

「watch=見る」と覚えている方も多いと思いますが、ただ「見る」という意味ではありません。英英辞書には、

to look at someone or something for a period of time, paying attention to what is happening
(ロングマン現代英英辞典)

と書いてあるように “paying attention to what is happening” が “watch” のとっても重要なポイントです。ただ「ボーッと見る」のではなく「起こっていることを注意してじっくり見る」のが “watch” です。

「私のカバン(が盗られないように)見ておいてくれる?」を、

スポンサーリンク

  • Can you watch my bag?

と言ったりしますが、これも「何が起きるか注意して見ておいてね」ということですね。

そんな “watch” のイメージが出来ていると、私が街で見かけた看板の意味はすんなり分かると思います。

“Watch for children” の意味とは?

冒頭に出てきた、私が見かけた看板とは、これです↓

watch for children© nzlife.net

手作り感たっぷりですね(笑)

  • WATCH FOR CHILDREN

と書いてありますが、これは何を言いたいのでしょうか?

“watch” のイメージを思い出して下さいね。そして “for” は、何かを求めてというイメージです。

「子どもを求めて何が起こるか注意して見る」が直訳ですが、”5KM” と書いてあることからも、何のことか分かったかもしれませんね。
これは「子どもがいるかもしれないから注意しなさい(ここでは時速5km以下で運転しなさい)」ということを表した看板です。

これでピンときた方もいらっしゃるかもしれませんが、”watch” の「見る」以外でよく使われる意味とは「注意する・気をつける・警戒する」です。

スポンサーリンク

「気をつけて」「危ない」の “watch”

「気をつけて」を英語にすると “be careful” が一番最初に思い浮かぶかもしれませんが、”watch” が使われることも多いんです。

むしろ、瞬間的な「気をつけて!」「危ない!」や、看板には “watch” の方がよく使われます。

例えば、看板や貼り紙でよく見かける「足元注意」や「頭上注意」がありますよね。これらは “watch” を使って、

  • Watch your step
    足元注意
  • Watch your head
    頭上注意

のように表されます。
また、包丁やナイフなど指をケガする恐れのあるものを使う場面では、

  • Watch your fingers
    指に気をつけて

と言われたり、妊婦さんや持病がある人はお医者さんから、

  • Watch your weight
    体重(の増加)に気をつけなさい

と言われることもあります。
さらに、汚い言葉を使ったり生意気なことを言ったりした場合には、

  • Watch your mouth!
    言葉(口の利き方)に気をつけなさい

と言われることもありますよ。

「危ない!」の定番表現 “Watch out!”

Watch out!” というのも聞いたことがあるかもしれませんね。これは英英辞書に、

used to warn somebody about something dangerous
オックスフォード現代英英辞典

とあるように「危ない!」とか「気をつけて!」といった場合に使われます。

スポンサーリンク

道路を歩いていて急に車が来たり、身近に何か危険があったりすると “Watch out!” と言われたり、「〜に気をつけて」という場合には “Watch out for 〜” となります。

“watch” は「注意して見る」という意味だけではなく、そこから派生して「注意する・気をつける」といった意味で使われることがとても多いので、覚えておくと役に立ちますよ。

これまで “Be careful” ばかり使っていた人は、”Watch ◯◯” や “Watch out!” も使ってみて下さいね!

■”be careful” や “take care” で表す「気をつけて」との違いはこちら↓

■会話では “watch” を使わずに “eye” を使って「見る」を表すこともあります。
「ちょっと荷物見ててくれない?」も簡単に言えてしまう “eye” を使った表現はこちらで紹介しています!↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS