電話番号、西暦、部屋番号、クレジットカード番号…英語で言えますか?

“Oh my God” ってどう使う?”Oh my gosh/goodness” って何?
“become” を使わずに「君はいいパパになるよ」
カタカナ英語とはイメージが違う単語 “company”

スポンサーリンク

日常生活ではいろんな「数字」を使いますよね。

前回のコラムでは「大きな桁の数字の読み方」を紹介しましたが、今回はもっと日常に密着した数字に焦点を当ててみたいと思います。

テーマは【電話番号・西暦・ホテル(アパート)の部屋番号・クレジットカード番号の読み方】。

どれも通じればどんな読み方をしても問題ありませんが、通じやすいナチュラルに聞こえる読み方を紹介したいと思います!

伝わる「電話番号」の読み方

「電話番号教えて!」と言われた時に、自分の電話番号を英語で言えないと困りますよね。

相手が目の前にいれば書いてあげることもできますが、電話でレストランの予約をする時などにも必ず聞かれる自分の電話番号、スラスラと言えるといいですよね!

New Phone

電話番号の読み方の基本ルールは、こうです↓

  1. 数字を1つずつ読んでいく
  2. 「0(ゼロ)」は “oh” と読む
  3. 同じ数字が続く場合は double、triple で表す
  4. 適当な箇所で一呼吸おく

分かりやすいように具体的に例を挙げてみましょう。

スポンサーリンク

  • 03-2345-6789 → oh three, two three four five, six seven eight nine
  • 021-335-9994 → oh two one, double three five, triple nine four

同じ数字が2つ続く場合は “double 〜”、3つ続く場合は “triple 〜” がよく使われます。
“three three five” とも言わなくはないですが、混乱を防ぐために “double” や “triple” という表現がよく使われます。

また、イレギュラーな読み方として、こんなふうに読むこともありますよ↓

  • 06-0800-9000 → oh six, oh eight hundred, nine thousand

「0」は “oh” の方がよく使われていますが、”zero” でも間違いではありません。

そして伝わりやすい読み方で最も重要なことは、ルール4の「適当な箇所で一呼吸おく」です。
ダラダラと切れ目なく数字を羅列してしまうと聞き取るのが難しいので、ハイフンが入る箇所で一呼吸おきましょう。

よーく使う「西暦」の読み方

例えば、今は2017年ですね。これを英語で読むとどうなるでしょうか?
答えは…

  • two thousand (and) seventeen
  • twenty seventeen

です。”twenty seventeen” のような表現を正しくないとする人もいるようですが、実際にはとてもよく耳にします。

では、1001年、1785年、1805年、1900年、2000年はどう読むのでしょうか?

  • 1001年 → ten oh one
  • 1785年 → seventeen eighty-five
  • 1805年 → eighteen oh five
  • 1900年 → nineteen hundred
  • 2000年 → (the year) two thousand

のように読みます。西暦を読む時の基本ルールは、

  1. 前半と後半の2桁ずつに分けて読む
  2. 十の位に「0」がくる場合は “oh” と読む
  3. 後半2桁が「00」で終わる場合は “〜 hundred” で表す
  4. 後半3桁が「000」で終わる場合は “〜 thousand” で表す

です。ただ、2001年以降はちょっと変則的です。

  • 2001年〜2009年:two thousand (and) xx で表す
    2005年 → two thousand (and) five
  • 2010年以降:two thousand (and) xx、または twenty xx
    2010年 → two thousand (and) ten もしくは twenty ten

2010年以降は、”thousand” を使った表現はフォーマルで、2桁ずつ読むのはカジュアルな印象があります。

以前に紹介したコラム「日付を英語で正しく書けますか?」の内容とあわせると、自分の生年月日(date of birth; DOB)が完璧に言えますね!

ホテルやアパートの「部屋番号」の読み方

Aqua 30

海外旅行でホテルに泊まった時に、フロントに電話をしたり、ルームサービスを頼んだり、チェックアウトをしたりと、自分の部屋番号が必要になることが多々ありますよね。

そんな時にオロオロしないためにも、ぜひこれだけ覚えておいて下さい!

thousand、hundred は使わない

部屋番号は1桁ずつ読んだり、もしくは前半後半2桁ずつに区切って読むことも多いです。
また、十の位に「0」がくる場合は “oh” と読むことが多い感じがしますが、”zero” と言う人もいます。

  • 205 → two oh five、two zero five
  • 610 → six one zero、six ten
  • 824 → eight two four、eight twenty-four
  • 1518 → one five one eight、fifteen eighteen

のような感じですね。

伝わる「クレジットカード番号」の読み上げ方

まず、日本では「カード」で通じますが、英語ではきちんと “credit card” と言わないと通じないのでご注意を。そして、発音はクレットではなくクレディットです。
また、カードで支払えるか聞きたい時には “Do you take/accept credit cards?” で通じます。

電話でホテルや航空券の予約をする時などにカード番号を口頭で伝えることがありますが、16桁もある上に、有効期限なんかもあって、読み方のコツを知らなければ「え?え?」と聞き返されたり「もう一回最初から言って」と言われたりしかねません…

伝わりやすいカード番号の読み上げ方を紹介すると、

  1. 印字してある通り、4つの数字のかたまりごとに区切って読む
  2. 基本は数字を一つずつ読み上げる
  3. 同じ数字が続いている場合は double、triple で表す

では、ここで問題です。4999 4982 2000 5507 はなんと読むでしょうか?

  • four triple nine, four nine eight two, two thousand, double five oh/zero seven
  • four triple nine, four nine eight two, two triple zero, double five oh/zero seven
  • four triple nine, forty-nine, eighty-two, two thousand, fifty-five oh/zero seven

のように読むと、相手に伝わりやすいと思います。これもコンマのところでちゃんと一呼吸おいてくださいね。

また、有効期限の読み方もあなどれないポイントです。”Expiry?” と聞かれたら、例えばカードに “10/20” と書いてある場合は、

  • ten slash twenty
  • October two thousand twenty

などと言えますが、個人的には上の “slash” を使う方がすっきりしていて好きです。

とにかく相手にとって分かりやすく聞き取りやすいように、ゆっくりハキハキ言うことが大切ですね。

コツを知っていれば伝わりやすい

今回は4つのパターンの数字の読み方の例を挙げて、それぞれ具体的に紹介しましたが、西暦の読み方以外は絶対的なルールではないので、そう言わないといけないということはありません。もちろんネイティブだって違う言い方をする人もいます。

でも、そう読むことが多いと知っておけば相手に伝わりやすいので「いつも通じない…」とお悩みの方は、上で紹介した読み方で次回チャレンジしてみて下さいね。

「数」にまつわる英語コラムはこちら

桁の大きい数字の読み方を詳しく紹介しています↓

以外と盲点な「金額の読み方」はこちらです↓

“a” と “one” はどちらも「1つの」を表す時に使われますが、”I have a daughter” と “I have one daughter” は何が違うのでしょうか?

“a couple of 〜” は数を数える時にネイティブがよく使う表現。具体的に「いくつ」を表すのでしょうか?

英語圏ではしょっちゅう出てくる “dozen” の数え方。2ダースは “two dozen” か “tow dozens“、どちらでしょうか?

結構紛らわしい「以上」「以下」「未満」の英語表現はこちらで紹介しています↓

意外と見落としがちな「数を文章の中で書く時のルール」はこちらです↓

単位を表す記号、きちんと読めますか?

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS