オススメの最強英語テキスト2冊。文法とボキャブラリーはこれで決まり!

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。

日刊英語ライフでは「英語を英語で勉強する方法」をオススメしています。

過去に「英英辞書を全力でオススメする訳」のコラムでも紹介しましたが、英和辞書だけでなく英英辞典を使うことでボキャブラリーが増えたり、英語で考える習慣を身につけることができます。

英語を英語で学ぶというのが、英語を上達させる重要なカギです。
今回は、英語を英語で学習できるオススメのテキストを紹介します!

メルマガに登録

記事の更新のお知らせをメールでお知らせします。配信時間は12時と19時頃です。
お名前の登録は必須ではありません。メールアドレスだけでも大丈夫です。
登録フォームの仕様で、お名前の名と姓が英語と同じになっています。ご注意ください。
目次

まずは English Grammar in Use

このコラムで何度か登場している English Grammar in Use は文法のバイブルです。
全て英語で書かれており、基本的な文法の全てが網羅されていると言っても過言ではない、文法テキストの完全版です。

created by Rinker
Cambridge University Press
¥3,370 (2024/07/17 21:35:01時点 Amazon調べ-詳細)

とは言え、最初のページは “I am doing” の解説から始まっていて、基礎からガッチリ固められます。
私たち日本人は、文法の基礎は学校で習ってきているので、もしかしたら簡単すぎると感じる方もいらっしゃるかもしれません。

では、”I lost my key.” と “I have lost my key.” の違いはしっかり分かっていますか?と聞かれると、実は理解できてなかったり、あやふやだったりして「自分では使いこなせない表現」となってしまっています。せっかく何年も勉強したはずなのに、もったいないですよね!

■違いはこちらのコラムで詳しく紹介しています↓

この English Grammar in Use は具体例を挙げながら、簡単で簡潔に、英語で説明してあるので、そんな「知っているはずなのに、自分では使いこなせない表現」も『あ、そういうことか!』と、1つ1つクリアになっていく感じがつかめると思います。

ボキャブラリーをどうにかしたい!という方には

単語と意味が羅列してあるような単語帳は、私はオススメしません。
単語は、意味だけではなくてどのように使われるのかを理解しないと使えるようにならないからです。

そこでオススメするのが、English Vocabulary in Useです。

これはEnglish Grammar in Useのボキャブラリー版のような本で、レベルに合わせて、elementary、pre-intermediate & intermediate、upper-intermediate、advanced の4冊から選べます。

まず最初は pre-intermediate & intermediate から始めてみてはいかがでしょうか。超初心者さんは elementary から始めるのもいいかと思いますが、ある程度の勉強をされている方には、ちょっと物足りないかもしれません。

English Grammar in Use と同じく、見開きで左側に解説、そして右側に練習問題があって1ユニットが完結します。各ユニットごとに違うテーマで、それに関する単語やフレーズが学べるようになっています(以下の写真は古いバージョンなので参考までに…)。

©︎日刊英語ライフ

pre-intermediate & intermediate をオススメしたものの、こう言ってはなんですが内容は簡単です。例えば「Frequently asked questions」というページを開いてみると、こんな文章が並んでます。

Where are you from? Where do you come from?
What do you do?
What’s your address/phone number?

English Vocabulary in Use

そして、それに対する答え方の例も挙げられています。この辺はどれも簡単ですね。
では、こんなのはどうでしょう?

How’s it going?
Have you got the time?
(I live in Italy.に対して) Whereabouts?

English Vocabulary in Use

どんな回答例を思い浮かべますか?
自信をもって答えられますか?

■”Have you got the time?” の意味と使い方はこちらを参照してください↓

■”Whereabouts” の意味と使い方はこちらのコラムで詳しく紹介しています↓

さらにこのテキストのいいところは、間違えやすいポイントの注意書きがあることです。

例えば、”How is 〜?” と “What’s 〜 like?” は意味の上ではよく似ているのでどちらを使ってもいい場合が多いけど、その微妙な違いや “How’s 〜 like?” とは言わないので間違えないように、といった感じです。

■”What’s 〜 like?” の意味と使い方はこちらで詳しく紹介しています↓

基礎をしっかりおさえながらも、この「ちょっとした違いが知りたかった!」という細かい部分も学べるのが pre-intermediate & intermediate版をオススメする理由です。簡単すぎてもつまらないし、難しすぎるとやる気が失せる…というちょうど中間の良いところを突いてきます。

どちらのテキストも参考書として長く使える

English Grammar in UseEnglish Vocabulary in Use も、どちらも問題集としても使えますが、参考書・辞書的な使い方もできます。

目次がついているので、辞書を引くように知りたい単語で探せば「あれってどうだったっけ?」と疑問に思った時に必要なところだけその都度読み返して理解を深めることができます。

今の時代、もっと簡単に英語が学べるアプリなどもたくさんありますが、これらのテキストほどしっかり学べるものは、まずないと思います。
私が購入した時は貧乏留学生だったので「高いなぁ…」と買うのを少しためらいましたが、もう何年もずーっと使ってるので、今思えば中途半端なものを何冊も買うよりは断然よかったと思います。

この最強の2冊、持っていて損はないですよ!
以下のコラムでも詳しく紹介していますので、ぜひ合わせてご覧ください↓

英英辞書もオススメです

日刊英語ライフでは、これらのテキストだけでなく、英語で英語を学習する方法をとてもオススメしています。

英和辞書しか使っていない方、英英辞書を普段の学習に取り入れてみませんか?

英英辞書の良さを詳しく紹介したこちらのコラムもぜひ読んでみてください!↓



よければシェア・保存してね
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次