“meet” と “meet with” の違いは何?

「お金がない」「金欠」を英語で言うと?
前置詞は in? on?「土曜日の朝に」「◯月△日の午後に」を英語で
ネイティブがよく使う “pick up” の意味と使い方

スポンサーリンク

「人と会う」を表すときに “meet 〜” と “meet with 〜” で迷ったことはありませんか?

実は、”meet 〜” も “meet with 〜” も、両方とも英語として正しいんです。
では、その違いとは一体何なのでしょうか?

今回はその他にも、とてもよく使われる “meet up with 〜” との違いも合わせてお届けします!

“meet+人” の意味と使い方のおさらい

“meet 〜” が「〜に会う」を表すということは、「会う」は “meet”?”see”?その違いとは?のコラムで紹介しました。

例えば、”meet” を使った例を挙げてみると、

  1. Nice to meet you.
    初めまして(お会いできて嬉しいです)
  2. Have you met my wife?
    私の妻に会ったことはありますか?
  3. I’m going to meet John at Shibuya station.
    ジョンと渋谷駅で会う予定だよ

のような感じですね。1と2は「初めて会う、出会う」という意味で、3つ目は待ち合わせでよく使われる “meet” です。

これらの “meet” を “meet with” で置き換えられるかというと、実はそうではないんです。

スポンサーリンク

“meet with+人” の意味とは?

“meet with+人” も英語としては正しい表現です。
では、どんな場合に “meet+人” で、どんな場合が “meet with+人” なのでしょうか。

答えは “meet with+人” の定義を見てみるとすぐに分かります。

meet with (someone):to come together with (someone) to talk about something : to have a meeting with (someone)
(Merriam-Webster Learner’s Dictionary)

つまり「何かについて話し合うために会う」「ミーティングをする」を表すときに使われるのが “meet with 〜” なんですね。

  • I met with Mr Brown and discussed these issues.
    ブラウンさんに会ってこれらの問題について話し合いました
  • I’m meeting with my accountant this afternoon.
    今日の午後、会計士と会います

など、ビジネスやフォーマルな集まり(会合)に使われるのが “meet with 〜” です。

Handshake - Men

また、”meet with 〜” はフォーマルに何かを話し合う「会談する」にとてもよく使われます。

  • Japanese Prime Minister Shinzo Abe met with US President Donald Trump at the White House.
    安倍首相はホワイトハウスでトランプ大統領と会談した

これらの “meet with+人” は “meet+人” と違って「初対面」という含みはありません。

“meet up with 〜” の意味とは?

“meet with+人” とはまたちょっと違う、”meet up with+人” というフレーズもあります。

スポンサーリンク

これは “hang out with 〜(〜と遊ぶ)” というニュアンスで、友人と会ったり集まったりするときによく使われます。

  • I met up with some friends after work.
    仕事の後で友達と会いました
  • I’m meeting up with Anna tomorrow for lunch.
    明日アナと会って一緒にお昼を食べるんだ

“meet up with+人” は友人とのインフォーマルな楽しい集まりで、”meet with+人” はビジネスのフォーマルな話し合いの集まりです。使うシチュエーションが全然違いますよね。

“meet”、”meet with”、”meet up with” の使い分け

“meet” と “meet with” のどちらも使える場面があったり、”meet up with” を使う場面で “meet” や “meet with” と言ってしまっても、通じないことはないと思います。

ただ、細かなニュアンスの違いがあるので、違いは何だろう?と気になった方は参考にしてみてくださいね。

まずは “meet” が表す意味をしっかり理解することが大切だと思います!

■友達と久しぶりに「会う」を表す時によく使われる “catch up with 〜” はこちらで紹介しています↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS