知っていると絶対に役立つ単語 “grab”

使役動詞の “get”、どう使う?
“done” を上手に使っていますか?
“Can I 〜?” を使わない「〜してもいいですか?」

スポンサーリンク

“grab” という単語を耳にしたことはありますか?

私が日本で英語を勉強していた時は、実は全くと言っていいほど耳にしませんでした。

でも、この “grab” という単語、ネイティブ会話の中で本当によく使うんです。

「grab=掴む」という訳しか思い浮かばない人は、今回のコラムも要チェックですよ!

“grab” って本当によく使われるの?

冒頭で「会話の中で本当によく出てくる」と紹介した “grab” ですが、そんなによく使われるのでしょうか?

学校の授業で習った覚えもないし、テキストに出てくるのも見たことがありません。よく使われると言われてもイマイチ実感が湧かないですよね。

私も最初は「掴む」という意味しか知りませんでしたが、ニュージーランドのカフェで働いていた時には毎日毎日耳にしていました。

特に若い人たちがよく使う “grab” ですが、若者ではなくても使っている人もいます。
では、具体的にどんなふうに使うのか見てみましょう!

“grab” の意味と使い方

“grab” のそもそもの意味は「掴む」です。オックスフォード現代英英辞典には、

スポンサーリンク

to take or hold somebody/something with your hand suddenly, firmly or roughly

と書いてあるように、手で何かをガシッと掴むのが “grab” です。

でも、そこから派生して「掴む」だけでなく、“get・take・have” の意味でカジュアルに使われるので、会話で登場する頻度がとっても高いんです。

例えば、こんなふうに使われます。

■”take・have” の意味で使われる “grab”

● “Grab a seat, I’ll be right over.”
“Grab a seat” はカフェなどに入った時にウェイトレスさんによく言われるセリフで「適当に席に座って下さい」といったカンジです。かなりカジュアルなニュアンスになります。

● “Can I grab a cappuccino?”
コーヒーなどをオーダーする時にも “grab” が使えます。”Can I have 〜?” の方が丁寧ですが、カジュアルなお店では “Can I grab 〜?” や “I’ll grab 〜” とオーダーする人も多いです。

● “I’ll grab a beer.”
これも「ビールをください」「ビールにします」を表すカジュアルな言い方です。もちろんビール以外にも使えます。

● “Let’s grab lunch.”
“grab” は食べ物・飲み物を「食べる・飲む」という意味でも使います。サッと食べる・飲むというニュアンスが含まれます。”grab something to eat” というのもよく耳にします。

Homemade sandwiches for the plane

■”get” の意味で使われる “grab”

● “Can you grab the remote for me?”
「ちょっとリモコン取ってくれる?」のように「〜取ってくれる?」と言いたい時に使えるカジュアルな使い方です。”grab me a glass of water” で「お水一杯ちょうだい」のようにも使います。

● “Can you go grab Susie?”
“grab” は「人を呼ぶ」場合にも使えます。”go get ◯◯” で「◯◯さんを呼んでくる」という意味になりますが、この “get” も “grab” に置き換えればカジュアルな表現になります。

“up for grabs” ってどんな意味?

今回は “grab” のお話なので、”grab” を使ったイディオムも1つ紹介しておきましょう。

(be) up for grabs” というのを耳にしたことはありますか?

これは、私がニュージーランドで生活するようになってからよく耳にする表現なのですが、私の持っているジーニアス英和辞典には「《略式》だれでも手に入れやすい」と書いてあります。

これって、何が言いたいのか伝わりますか?私は全然ピンとこなかったんです。
でも、その意味が分かってからは、この日本語訳の微妙な感じが拭いきれません…

“up for grabs” とは、英英辞書のLONGMANによると、

《informal》 if a job, prize, opportunity etc is up for grabs, it is available for anyone who wants to try to have it

ということで「トライしたい人には誰にでも “available” ですよ」というニュアンスになります。

辞書にも書いてあるように、懸賞や求人で使われることが多く、実際には、

  • Several positions are up for grabs.
  • There’s a 10 million jackpot up for grabs tonight!

のように使われます。
「誰でも手に入れやすい」のではなくて、そのチャンスは誰にでもありますよ、ということですね。

“grab” はカジュアルな印象

上でいろいろな使い方を紹介しましたが、”grab” を使うと、かなりカジュアルな印象になります。

カジュアルでリラックスした雰囲気のカフェで “Grab a seat” と言われることはあっても、高級レストランでは絶対にありません。

ただ、家族や友達・同僚などのフォーマルではないくだけた会話ではかなり使える表現なので、覚えてぜひ使ってみてくださいね!

■ネイティブがよく使うスラングを紹介したコラム一覧はこちらからご覧いただけます。


こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS