ネイティブがよく間違う?!文法のクイズに挑戦!

6?six?数の書き方のルールおさらい
“Not to be taken” って、どんな意味?
副詞の “that” を使えていますか?

スポンサーリンク

先日、ニュージーランドのニュースサイトNew Zealand HeraldにHow good is your grammar? Take the quiz、という記事が出ていました。

タイトルの通り、英語の文法を試すクイズなのですが、ちょっと面白いなと思ったので一部を紹介したいと思います。

クイズは全部で7問。どれだけ正解できるでしょうか?

ネイティブが間違えやすい文法問題

元の記事にはクイズが全部で10問載っていたのですが、ここではその中から7問を紹介したいと思います。

ではまず、この2問からいってみましょう!
問2の下に答えがあるので、ゆっくりスクロールしてくださいね。

●1. Pick the WRONG one:
a. If you could’ve seen him
b. If you could of seen him
c. If you could have seen him

●2. Pick the RIGHT one:
a. They’re there with their grandchildren
b. They’re their with there grandchildren
c. Their there with they’re grandchildren

これらはネイティブが書き間違いやすいものですが、英語学習者には案外簡単かもしれませんね。

スポンサーリンク

【1】がb、【2】がaです。

1番は「間違ったものを選べ」なのでb。ネイティブは “could’ve” を “could of” のように発音する(/ˈkʊd.əv/)ので、間違えてこのまま書いてしまう人が本当にとても多いんです。日本語の「〜と言う(いう)」を「ゆう」と書いてしまう人がいるのと何だか似ているような気がします。

2番も発音とスペルが混乱しやすいネイティブがよく間違えます。文章の意味を考えれば “they’re”、”there”、”their” が正しいのはaだけですよね。

↓ “you’re” を “your” と書いてしまう間違いもよく見かけます

grammar doesn't count on vacation

アポストロフィ、正しく使えてますか?

次は、アポストロフィにまつわる問題です。
これも問5の下に答えがあるので、ゆっくりスクロールしてくださいね。

●3. Pick the WRONG one:
a. The cats’ whiskers were all askew
b. The cat’s whiskers were all askew
c. The cats whiskers were all askew

●4. Which sentence features a greengrocer’s apostrophe (an apostrophe placed incorrectly before the final ‘s’ of a plural noun)?
a. That banana’s off
b. I would like some banana’s
c. The banana’s skins are too green

スポンサーリンク

●5. Pick the RIGHT one:
a. The cat had it’s legs outstretched
b. The cat had its legs outstretched
c. The cat had its’ legs outstretched

【3】はc、【4】はb、【 5】はbが答えです。

3番の “whisker” は「ひげ」、”askew” とは「真っ直ぐでない、曲がって」という意味ですが、これら意味が分からなくても答えには辿り着けると思います。aは「複数の猫のひげ」でbは「1匹の猫のひげ」を表しています。

4番の “greengrocer’s apostrophe” とは、複数形を作る “-s” を間違えて “-‘s” のように書くアポストロフィーのことを言います。”greengrocer” は「八百屋」のことで、八百屋の店先の看板にこうした間違いが多かったことから名付けられたようです。(例:apple’s、lemon’s)
ここでは “bananas” となるはずが “banana’s” になっているbが “greengrocer’s apostrophe” ですね。

↓ greengrocer’s apostrophe だらけの看板

300713-031 CPS

5番では「それの」という意味のbが正解です。

ラスト2問!

では、あと2問いってみましょう。

スポンサーリンク

●6. Choose the sentence that includes a gerund verb:
a. The boy disturbed his mother while she read
b. Don’t disturb your mother while she reads
c. Reading a book can be difficult with children around

●7. Pick the WRONG one:
a. The sky, which was very blue that day, was cloudless
b. The sky, that was very blue that day, was cloudless

正解は【6】がc、【7】がbです。

6番は “gerund” が何か分かれば簡単ですね。”gerund” とは「動名詞」のこと。「動詞+ing」という形の名詞があるのはcだけですね。
※設問には “gerund verb” と書かれていますが、”gerund” が一般的だと思います。

最後の7番はまた「間違っているものを選べ」ですね。コンマの後ろに “that” は置けないので、bを選びます。

いかがでしたか?

英語の文法を結構しっかり学んでいる人にとっては、簡単だったかもしれませんね。

ただ、最初に登場した “there”、”their”、”they’re” が同じ発音なので間違えたり、”could’ve” を “could of” と間違えるというところからは、ネイティブはどう発音しているのかという読み方は学べるような気もします。

こんなクイズが他にもあれば、また今後も紹介していきたいと思います。
元記事をご覧になりたい方は、以下のリンクからどうぞ↓
New Zealand Herald:How good is your grammar? Take the quiz

スポンサーリンク

■アポストロフィの使い方は、こちらで詳しく紹介しています↓



こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS