【–’s】と【–’】所有のアポストロフィの使い方、おさらい!

「大変」に “hard” ばかり使っていませんか?
ビジネスパーソン必見!探し物が見つけられない時に役立つ単語
“marry” “get married”?間違えやすい「結婚する」の表現おさらい

スポンサーリンク

以前、英語で “本の名前” “車の窓” をちゃんと言えますか?というコラムで【所有】を表す “of” と “–’s” の使い分けを紹介しました。

そこで今回は、所有を表すアポストロフィ【 –’s】と【 –’】の使い分けをおさらいしたいと思います。

「子ども(向け)の本」は “childrens’ books” と “children’s books” のどちらが正しいか迷わず選べますか?

そんなの簡単!と思っていても、意外と忘れていることがあるかもしれませんよ。

所有を表すアポストロフィ【 −’s と −’ 】

まずは「〜の」を表すアポストロフィには2通りがあったのを覚えていますか?

  1. アポストロフィ+ s【 –’s】
  2.  アポストロフィのみ【 –’】

この2つのバージョンがあります。
違いをおさらいしてみると、こうなります↓

単数形にくっつく場合は【 –’s】

複数形にくっつく場合は【 –’s】または【 –’】

そして、複数形にくっつく【 –’s】と【 –’】の使い分け方は、こうです。

単語が “s” で終わらない →【 –’s】

  • men’s shoes … 男性用の靴

単語が “s” で終わる →【 –s’】

  • ladies’ room … 女性用トイレ
  • kids’ clothes … 子ども服
  • my parents’ house … 私の実家

これだけしっかり頭に入っていれば「子ども(向け)の本」は以下のどちらが正解か、簡単にわかりますよね。

スポンサーリンク

  1. childrens’ books
  2. children’s books

“child” の複数形は “children”、そして “s” で終わっていないので、2番の “children’s books” が正解ですね。

children's book

練習問題【–’s】と【–’】の使い分け

次は、ちょっと間違えやすそうな【 –’s】と【 –’】の使い分けがEnglish Grammar in Useに乗っていたので、紹介したいと思います。

以下のものはAとBのどちらが正しいと思いますか?

  • A:Mr Carter’s house
  • B:Mr Carters’ house

これは簡単でしたね。Carterさんは1人=単数なのでAが正解です。
では、これはどうでしょうか?

  • A:the Carter’s house
  • B:the Carters’ house

「Carter一家の家」ということなので、Cartersは複数になります。よってBが正解。
では、こんなパターンはどうでしょうか?

  • A:Mr and Mrs Carter’s house
  • B:Mr and Mrs Carters’ house

「Carter夫妻の家」ですが、これ、ちょっと悩みませんか?
この場合はAが正解となります。

他の例として “Jack and Karen’s wedding” が載っていますが、こんなふうに “◯ and △” の所有を表す場合には、後ろの “△” に【 –’s】がくっつくんですね。

スポンサーリンク

“s” で終わる名前に付くのは【–s’s】それとも【–s’】?

単数に付くのは【 –’s】、複数の “s” で終わる単語に付くのは【 –s’】でしたよね。
では「Jonesさんの車」をアポストロフィを使って表現すると、以下のどちらが正しいと思いますか?

  • A:Mr Jones’s car
  • B:Mr Jones’ car

Mr Jonesは単数なのでAが正解かと思いきや、実はこの場合はAもBもどちらも正解なんです。

これはネイティブでも意見が割れるところらしいですが、Advanced Grammar in Useによると、名前の最後が “s” で終わって発音が [z] の場合には、アポストロフィは【–s’s】と【–s’】のどちらでもいいという記載があります。

なので「Jamesのペン」も “James’s pen” と “James’ pen” のどちらも間違いではありません。

どちらかに統一していることが大事で、文章の中に両方が混ざるのは良くないようです。

St. James's Square

アポストロフィにまつわるコラムはこちら

アポストロフィって、普段何気なく使っていますが、意外と間違えやすい部分でもあります。
特に、きちんとした文章を書く際にはちょっと意識してみてくださいね。

■所有を表す “of” と “–’s(–s’)” の使い分けはこちらをご覧ください↓

スポンサーリンク

■”I’d” は何が短縮されている?短縮系をつくるアポストロフィの使い方は、こちらに詳しくまとめています↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS