「会う」は “meet”?”see”?その違いとは?

「何人中何人」「何人に1人」って英語で何て言う?
「もったいない」って英語で何て言う?
「挨拶する」って英語でなんて言う?

スポンサーリンク

友達に「会う」「会った」を表すときに “meet” と “see” のどちらを使うのか悩んだことはありませんか?

そもそも「(人と)会う」を意味する “meet” と “see” の違いって何なのでしょうか?

今回は、そんな “meet” と “see” の「会う」の違い・使い分けをおさらいしたいと思います!

「〜に会う」は “meet”?”see”?

あなたにBenという友達がいるとしましょう。

何日か前にBenと会ってご飯を食べたのを別の友人に話す時に、日本語では「こないだBenに会ったよ」なんて言いますよね。

これを英語で言うとしたら、どんなふうに表現しますか?

  • I met Ben the other day.
  • I saw Ben the other day.

こんな場合、実際には “see(saw)” がとてもよく使われます。
それは一体なぜなのでしょうか?

“meet” の「会う」の意味

まずは “meet” の意味からおさらいしてみましょう。

スポンサーリンク

そもそも、”meet” とは、2つ(もしくはそれ以上)のものが「(出)合う」イメージです。例えば、道と道が交わったり川と川が合流したりするのも “meet” で表します。

つまり、人と人の “meet” が表すのは「(出)会う」というニュアンスです。
このイメージを持つことがとっても大切です。

①「(〜と)初めて会う」の “meet”

“meet” が使われる代表例は「(〜と)初めて会う、出会う」の意味です。

「初めて会って知り合いになる」というところまでが意味に含まれていて、それまで他人同士だった人たちが、その時点で「合う=出会う」イメージです。

  • Nice to meet you.
    初めまして(お会いできて嬉しいです)
  • Have you met John?
    ジョンに会ったことある?
  • We met at work.
    私たちは職場で出会いました
  • I met Tom about ten years ago.
    トムとは10年ぐらい前に初めて会いました
  • I’m going to meet my sister’s boyfriend tomorrow.
    姉(妹)の彼に明日初めて会います

などが代表的な例ですね。

②約束した時間・場所で「会う」の “meet”

2つ目の “meet” は「約束した時間や場所に誰かに会いに行く」という意味の「会う」です。

ここで一つ注意しておきたいのは「会って楽しい時間を過ごす」という意味ではなく、お互いが特定の時間や場所で「合う=出会う」ことにポイントがあるのが “meet” です。

なので「待ち合わせる」に使うことが多く、「時間(いつ)」や「場所(どこで)」を表す語句と一緒に使われることがとても多いです。

スポンサーリンク

  • I’ll meet you in the bar at seven.
    7時にでバーで会いましょう
  • Why don’t we meet for lunch tomorrow?
    明日、会ってランチしない?
  • Sara and I are meeting at ten.
    サラと10時に会うよ(待ち合わせしてるよ)
  • Meet me at ABC cafe.
    ABCカフェで会おう(待ち合わせしよう)
  • I’m meeting someone here.
    ここで人と待ち合わせしてるんだ
  • Where should we meet?
    どこで会う?(待ち合わせする?)
  • What time should we meet?
    何時に会う?(待ち合わせする?)

シチュエーションによっては「落ち合う」「集まる」がしっくりくることもありますね。

“meet” に「ばったり会う」「偶然会う」の意味がないわけではありませんが、上の2つの意味で使われることがとても多いです。
(「ばったり会う」を表すときによく使われるフレーズはこちら

I am so pleased to see you.

“see” で表す「会う」

まず、とっても大事なのは、”meet” と違って “see” には 「〜に初めて出会う」という意味はない、ということです。知っている人に「会う」という意味で使われます。

“see” の持つイメージは「見える」ですよね。

「会う」という意味での “see” は「出会う」という瞬間の動作ではなく「顔を合わせて話をする、一緒に時間を過ごす」というところにポイントがあります。
立ち話程度のものすごく短い時間でも、何時間でも、それは “see” で表せるんですね。

“see” がよく使われる2つの場合を見てみましょう。

①会ったことがある人に「会う」の “see”

知っている人と話をしたり、一緒に楽しく時間を過ごすという意味での「会う」には “see” を使います。

スポンサーリンク

冒頭に登場した、友人のBenと一緒に食事したという意味での「こないだBenに会ったよ」がこれです。

  • I saw Ben the other day.

Benとは「初めて会った」わけではありません。そして、待ち合わせをして、ただ「出会った」ということでもなく「友人と一緒に時間を過ごした」なので “see (saw)” がナチュラルなんですね。

他に “see” を使う例を挙げてみると、

  • Good to see you (again)!
    また会えて嬉しいよ
  • It would be lovely to see you soon.
    また近いうちに会えるといいな
  • I’m seeing Ken today.
    今日ケンと会うよ
  • Can I see you tomorrow?
    明日会える?
  • It’s been so long since I last saw you.
    前回会ってからしばらくだね(しばらく会ってないね)
  • I haven’t seen him for ages.
    彼にはもう何年も会っていない

のような場合に “see” が使われます。どれも「初めて会う」「待ち合わせをする」ということを言っているのではありませんよね。

これを派生させると「〜と付き合う」に “see” が使われるのも納得できるのではないかと思います。

  • I’ve been seeing Mike for two years now.
    マイクと付き合って2年になります
  • Are you seeing anyone right now?
    今付き合っている人はいますか?

②会いに行く(visitする)「会う」の “see”

“see” は、誰かがいる所に「こちらから会いに行く(こちらに会いに来る)」という “visit” の意味でも使われます。

「出会う、待ち合わせをする」のではなく「会いに行って(来て)話をする、一緒に時間を過ごす」というニュアンスですね。

  • I went to see my grandma at the weekend.
    週末におばあちゃんに会いに行った
  • I’m going to see the doctor tomorrow.
    明日医者に行くつもりです
  • I see my therapist every two weeks.
    セラピストに隔週で会います

“see” のイメージは「見える」なので「見かけた」場合にも使われますが、会話の流れでどちらか判断できることが多いと思います。

スポンサーリンク

  • I saw Lisa yesterday. She was on the other side of the street.
    →見かけた(の可能性が高い)
  • I saw Lisa yesterday and she told me …
    →会った

友達に「会った」に “see” がよく使われる理由

では、上で紹介した “meet” と “see” の意味と使い方をふまえると、

  • I met Ben the other day.

と言ってしまった場合、相手はどんな意味で受け止めると思いますか?

  1. 先日ベンに初めて会った
  2. 先日ベンと待ち合わせをした

だいたいこんな意味で受け取られると思います。
“meet” の過去形 “met” は「初めて出会った」と誤解されることが多いので、友人と会って話をしたり一緒に時間を過ごしたことを表すには “saw” が使われることが多いんですね。

実際の会話では “I met Ben the other day” の一文だけではなく、前後に何を話すかで相手は意図を汲み取ってくれると思うので、それほど神経質になることはないと思います。

ただ、”meet” と “see” の使い分けが曖昧だなぁという方は参考にしてみてくださいね。

関連する英語コラム

■”meet” と “see” の違いが顕著に現れる、”Nice to see you” と “Nice to meet you” の違いはこちら↓

■”meet 〜” と “meet with 〜” の違いとは?

■「(友人と)会った」は “see” ではない別の表現を使うこともあります↓

スポンサーリンク

■「偶然会った」「バッタリ会った」を表す時によく使われるイディオムはこちらで紹介しています↓

■「久しぶりに会おうよ」と誘う時にネイティブがよく使う表現はこちら↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS