Home英語コラム

“will” と “be going to” の違いと使い分け

“used to” と “would” の違いとは?使い分け方は?
“Can I 〜?” を使わない「〜してもいいですか?」
“will” は「未来形」ではない?”will” の使い方

スポンサーリンク

英語で未来のことを話すときには “will” を使うと学校で習いませんでしたか?

でも、ネイティブの会話には “will” だけじゃなくて “be going to” というのも出てきますよね。

これらは何が違って、どう使い分けたらいいのでしょうか?

“will” と “be going to” の違いとは?

解説が抜群に分かりやすい English Grammar in Use にはこんな2つの会話が載っています↓

  1. Gary phoned while you were out.
    –OK. I’ll call him back.
  2. Gary phoned while you were out.
    –I know. I‘m going to call him back.

この違い、分かりますか?
1も2も最初の文章は全く同じですが、それに対する答えが違いますよね。これを訳してみると、こうなります↓

  1. 外出中にGaryが電話してきたよ
    –了解。かけ直すよ
  2. 外出中にGaryが電話してきたよ
    –知ってるよ。かけ直すつもり

“be going to” は「〜するつもり」と訳しましょう、と学校で教わったと思います。
この2つの会話の違いを理解するカギは「かけ直すよ」と「かけ直すつもり」にありそうですね。

“will” と “be going to ” の使い分け

Will

English Grammar in Use の解説を見てみると、こんなことが書いてあります↓

スポンサーリンク

will:We use will when we decide to do something at the time of speaking. The speaker has not decided before.
be going to:We use be going to when we have already decided to do something.

つまり、これらの違いは「いつ決めたのか」です。

  • will:その発言をしている時に決めた「〜する」
  • be going to:すでに決めていた(予定していた)、もともとするつもりだった「〜する」

これをしっかり頭に入れて、例文をもう一度見てみましょう。

  1. Gary phoned while you were out.
    –OK. I’ll call him back.
  2. Gary phoned while you were out.
    –I know. I‘m going to call him back.

1の例文の “I’ll call him back” は、話しているその時に「電話をかけ直す」ということを決めています。それに対して2の “I’m going to call him back” は、話している時にはすでにかけ直すことを決めていた、ということです。

そして、もう一つの違いは “be going to” はインフォーマルな会話で使われることが多い、というのも大事なポイントです。

とは言え、使い分けは微妙な場合も

“will” の使い方は他にもあったり、”will” でも “be going to” でも意味がそれほど変わらないこともあったりすることもあります。

実際に、DVDで英語字幕を出しながら映画を見ていると、画面に入る文字数制限のせいか、役者さんは “I’m gonna (=I’m going to) 〜” と言っているのに、字幕は “I will 〜” となっていることも結構あります。

ただ、今回紹介した違いを理解しておくと、今後 “be going to” を耳にしたときにスッと理解できるのではないかと思います。

ちなみに、アメリカの映画やテレビドラマでは “I’m gonna 〜” をよく耳にしますが、ニュージーランドでは(私が耳にする限りでは)”I’m going to 〜” ときっちり言う人がとても多いように思います。

■”be going to” は今現在の状況などから考えた根拠に基づく「〜になるだろう」という予測にも使われます↓

スポンサーリンク

■”will” は「強い意思を表す」ということも頭に入れておくと、違いが理解しやすいかもしれません↓

■会話でとてもよく使われる “was going to 〜” とは?

■今回紹介した「するつもり」以外の “be going to” の意味と使い方はこちらで紹介しています↓

【未来】にまつわる表現・文法は以下のコラムでも紹介しているので、ぜひ合わせてご覧ください!↓


こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク