“will” は「未来形」ではない?”will” の使い方

「この時期」「今の時期」って英語で何て言う?
「隣」「隣の、隣に」「隣の隣」って英語で何て言う?
【接客英語】「〜円になります」って英語でなんて言う?

スポンサーリンク

英語で未来のことを表すときに、一番思い浮かべやすいのが “will” を使った表現だと思います。

実は、未来のことを表すときにいつでも “will” が使われるわけではありません。

では、”will” ってどんなときに使うのでしょうか?

今回は “will” がよく使われる場面から、”will” が持っているイメージ・ニュアンスを感じとってみましょう!

「未来形=will」と暗記していませんか?

英語をある程度勉強した人が難しいと感じることの一つに「未来の表し方」があるのではないかと思います。

それは「未来形」という決まったものがないのが原因の一つではないかと思います。

「え?未来形って【will+動詞の原形】じゃないの?」と思う方もいるかもしれません。でもそれは未来のことを表す一つの方法ではありますが、未来形ではありません。

学校では「未来のことを表すには “will” を使う」と教わったような気もするのですが、まずはこれを忘れてみましょう。

スポンサーリンク

「未来=will」という図式にとらわれないことが “will” の使い方を理解するために一番大切です。

未来を表す4つの英語表現

会話の中で未来を表すのによく使われるパターンは4つあります。

その4つとそれぞれの使い分けは、めちゃくちゃザックリ言ってしまうと、こんな感じです↓

  1. will:意志を表す、自分の意見に基づいた予測
  2. be going to 〜:予定、今ある根拠に基づいた予測
  3. 現在進行形(be -ing):確定的な予定、個人的な約束ごと
  4. 現在形:タイムテーブル的な動かないスケジュール

それぞれが得意とすることがちょっとずつ違うんですね。このうち、2から4は以前にコラムで紹介したので、今回は1の “will” にスポットを当ててみたいと思います。

では早速、”will” の使い方を見てみましょう!

“will” の使い方①意志「〜します、〜するよ」

名詞の “will” には「意志」という意味があるように、助動詞の “will” を使うときには「〜します、〜するよ」という【意志】が大きく関わっています。例えば、

  • I’ll call you back later.
    後でかけ直します
  • ‘Where’s the bathroom?’ −’I’ll show you.’
    「トイレはどこ?」「案内するよ」
  • I’ll have the steak, please.
    私はステーキにします
  • (家・会社の電話が鳴って)I’ll get it.
    私が出ます
  • I won’t tell anyone.
    誰にも言わないよ

みたいな感じですね。特に、話しているその場で「こうしよう」と決めた「〜します、〜するよ」を表すときにとてもよく使われます。逆に、前々から決めていた「〜します」や予定・スケジュールを表すときにはあまり使われません。

また、”will” の【意志】を感じやすい使い方に、こんなものがあります。

風邪をひいたら咳が長引きやすい人はいませんか?そんな、なかなか治らないしつこい咳を表すときに、英語では、

スポンサーリンク

  • My cough won’t go away.
    咳がなかなか治らない、止まらない

と表現します。”won’t” は “will not” の短縮形なので、咳が強い意志をもって “go away” しないというニュアンスが感じられるのではないかと思います。

■”Will you 〜?” の「〜してくれますか?」も、それをしてくれるかどうか相手の意志を尋ねるお願いの仕方です↓

I Will Vote

“will” の使い方②確信度が高い予測「〜だろう、〜でしょう」

“will” は「こうなるだろう」という【未来の予測】も表します。

「〜だろう」という日本語訳だと、不確かなことを表すという印象を受けるかもしれませんが、”will” は自分の意見や経験に基づいた確信度の高い予測・見通しに使われることが多いんです。

  • It will rain tomorrow.
    明日は雨が降るだろう(←強く確信しているニュアンス)
  • I’m sure she’ll be fine.
    彼女はきっと大丈夫だよ
  • I’ll be there in 10 minutes.
    10分で着きます
  • I’ll take only a few minutes.
    ほんの数分しかかからないよ

私に娘が生まれて、初めて日本に連れて帰る前に助産師さんが、

  • Your parents will be very happy.
    ご両親がとっても喜ぶでしょう

と言ってくれたのをよく覚えています。これも「こうなるだろう」と強く確信しているニュアンスですね。

また、確信度が低い場合には、”probably” や “I think”、”maybe” などと一緒に使われます。

  • I’ll probably be at home this afternoon.
    今日の午後はたぶん家にいます
  • I think she will come.
    彼女は来ると思うよ

ちなみに、自分の意見からの予測ではなく、今ある根拠に基づいた「このままいけばこうなる」という予測には “be going to 〜” を使いますよ↓

スポンサーリンク

“be going to 〜”、現在進行形、現在形で表す未来

上でも少し触れましたが、未来のことを表すには他にも、

  • be going to 〜
  • 現在進行形
  • 現在形

もよく使われます。未来と言うと、つい “will” を使ってしまいがちですが、実は上の3つで表す未来のことの中には “will” で表してしまうと不自然になってしまう場合があります。

これらを使った未来の表現は以下のコラムで紹介しているので、ぜひ合わせてご覧ください!

■”will” と “be going to 〜” の違い・使い分けはこちら↓

■現在進行形・現在形で表す未来はこちら↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS