“Could you 〜?” と “Would you 〜?” の違いは?どう使い分ける?

覚えておきたい!英語で誘いを上手に断るテクニック
英語で自己紹介。ナチュラルに聞こえる3つのポイント
とっても簡単!「そうしてもらえると助かります」

スポンサーリンク

「〜していただけますか?」と丁寧にお願いしたい時、どんな表現を使っていますか?
いつも “Could you 〜?” を使っている、という人は結構多いかもしれません。

では、同じように丁寧な依頼の表現とされる “Would you 〜?” は何が違うのでしょうか?

なぜこの2つが丁寧な表現なのかもあわせて、スッキリ紹介したいと思います!

“Could you 〜?” と “Would you 〜?” はなぜ丁寧なのか

“Could you 〜?” も “Would you 〜?” も、誰かに何かを頼む時に使う丁寧な表現だと習いましたよね。
でも、現在のことを話しているのに、なぜ過去形を使うのか疑問に思ったことはありませんか?

実はこれは、相手との距離を取るための便宜上の過去形なんです。

英語では、現在のことを話す場合に敢えて過去形を使うことによって、相手との距離を置く⇒ストレートな感じを出さない=婉曲的な表現になるということがよくあります。

この「婉曲的な」というのが結構大事で、特に何か頼みごとをする場合には、ズバッと直球な表現よりも、

  • 相手があまり負担に感じない遠回しな表現
  • 相手が断る余地がある表現

が丁寧な表現とされています。なので、過去形を使った(=相手との距離を取った)遠回しな “Could you 〜?” や “Would you 〜?” が丁寧な表現と言われるんですね。

Could / Would
©nzlife.net

“Could you 〜?” と “Would you 〜?”の意味の違い

“Could you 〜?” と “Would you 〜?” の意味の違いを理解するために大切なのは、

スポンサーリンク

  • Can you 〜?
  • Will you 〜?

この2つの違いを知ることです。

“Can you 〜?” が「〜できますか?」という意味なのはよく知られていますよね。

でも実は、この “can” は物理的(能力的)にできるというニュアンスを持っていて、”Could you 〜?” の「〜していただけますか?」も物理的に実行可能かどうかにポイントが置かれています。

それに対して、”Will you 〜?” は「〜してくれますか?」です。

快くそれをしてくれるかどうかという相手の意思を尋ねているので、それが “Would you 〜?” の「〜していただけますか?」にも当然含まれているわけですね。

つまり、”Could you 〜?” と “Would you 〜?” は両方とも日本語に訳すと「〜していただけますか?(してもらえますか?)」になるので混乱しがちですが、それぞれが持っているニュアンスは微妙に違うんです。

“Could you / Would you” どちらを使う?

例えば、知らない土地で「駅への行き方を教えてくれませんか?」と人に尋ねるシチュエーションでは、”Could you” か “Would you”、どちらを使いますか?

The Lost Explorer

“Would you” でも間違いではないと思いますが、こんな場合には “Could you” が使われることが多いです。駅への行き方を教えることができるか、ということですね。

この場合に “Would you 〜?” を使うと、(能力的には可能という前提で)快く教えてくれますか?教えるのが嫌じゃないですか?というニュアンスになります。

スポンサーリンク

「〜してもらえますか?」を “Would you mind 〜?” と言うことがありますが、これも「〜するのが嫌じゃないですか?」と快くしてくれるかという相手の意思を聞いているんですね。

実際は “Could you” と “Would you”どちらを使っても間違いとは言えない場合が多いと思いますが、ニュアンスの違いを理解しておくことは大切かなと思います。

「丁寧=ベスト」とは限らない

人に何かをお願いする時には、今回紹介した “Could/Would you 〜?” だけでなく、”Would you mind 〜?” や もっと遠回しな “Would you be able to 〜?” を使うこともあります。

ただ、過去形で表す丁寧表現は「距離を感じる=よそよそしい」と受け取られる場合もあります。

あまりよく知らない人に何かをお願いする時や、親しい人でも相手にとって面倒なことを頼みたい時には丁寧な表現が好まれますが、そうではない場合、それほど神経質になることもないように思います。

日本語では年上・目上の人に丁寧な言葉遣いをするのは当たり前とされていますが、これがそのまま英語に当てはまる訳ではありません。

その辺の微妙なところが慣れるまでは難しいですが、相手との関係・その場に合った言葉選びって結構大切です。最初は間違いを気にせず、実際にどんどんコミュニケーションをとりながら学びましょう!

■似た単語やフレーズの【違い】を取り上げたコラム一覧はこちらからご覧いただけます。
また、違いにまつわる以下の人気コラムもぜひあわせて読んでみてください!↓








こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS