“many” と “a lot of”、”lots of” の違いは?どう使い分ける?

「りんごもバナナも好きではない」って英語で何て言う?
“Hi there” の意味は? “there” って何?
ネイティブがよく使う “cuddle” ってどんな意味?

スポンサーリンク

数えられるものを「たくさんの」と表現する時に “many” を使っている人、結構多いのではないかと思います。

でも、”a lot of” や “lots of” という表現もありますよね。

どちらも数えられる名詞に使えるなら、これらはどうやって使い分ければいいのでしょうか?

今回は、日常会話での基本的な使い方をおさらいしたいと思います! 

“many” って、実はそんなに使わない?

「多くの」を表す単語は?と言われると、真っ先に思い浮かべるのが “many” ではないかと思うぐらい、有名な単語ですよね。

【数えられる名詞と共に使う】と、どの参考書にも書いてある通り、これが基本の「き」です。なので、

  • She has many friends.
    彼女はたくさん友達がいる

のような文章に全く違和感はないと思います。
…でも、私がニュージーランドで生活していて気付いたことがあるんです。

それは、上のような肯定文では “many” は実はあまり使われない、ということ。

スポンサーリンク

ちょっとかしこまった印象がするので、普段の会話では “a lot of” や “lots of” の方がよく使われる印象があります。

  • She has a lot of friends.
  • She has lots of friends.

という感じですね。

“a lot of”、”lots of” の使い方

“a lot of” と “lots of” はどちらも意味は同じ。どちらも “many” よりもくだけた言い方で、”lots of” の方がさらにカジュアルな感じがします。

そして、”many” と “a lot of / lots of” のもっと大きな違いは、”a lot of / lots of” は【数えられない名詞】と一緒に使うこともできる、ということ。

例えば、以前、体調が悪くて病院に行った時には、先生からこんなふうに言われました↓

  • Drink a lot of water.
    たくさん水を飲みなさい

【数えられない名詞】を「たくさんの」と形容する場合には “much” を使う、と習ったと思いますが、これも実際はちょっと注意が必要で、普通の肯定文では “much” はあまり使われないんです。

例えば、上の例文で言うと、

  • Drink much water.

とは言わずに、”a lot of water” や “lots of water” と言うのがナチュラルです。

スポンサーリンク

Bottled water

“many” を使うのって、どんな時?

ちょっと話が戻りますが、会話では “many” よりも “a lot of / lots of” の方が出番が多いなら、”many” はどんな場合に使うのでしょうか?

“many” がよく使われるのは、否定文や疑問文です。例えば、

  • There weren’t many people there.
    そこには人があまりいなかった
  • I don’t have many friends.
    私にはあまり友達がいない
  • Did you get many Christmas presents?
    クリスマスプレゼントたくさんもらった?

みたいな感じですね。”not” と組み合わさると「あまりない」といったニュアンスになります。上の3つの例文では “a lot of” も使えますよ。

そして、肯定文で “a lot of / lots of” ではなく、”many” だけが使われる場合、というのもあります。それは、”years” “so” “too” “as” などと一緒に使われる時で、

  • He’s lived in the UK for many years.
    彼はイギリスに長年住んでいる
  • There were so many people in the room.
    その部屋にはとても多くの人がいた
  • I accidentally bought too many eggs.
    うっかり卵をたくさん買いすぎてしまった
  • Naomi Watanabe has five times as many followers as Chiemi Buruzon.
    渡辺直美はブルゾンちえみの5倍のフォロワーがいる

のような場合には “a lot of / lots of” に置き換えることはできません。

日常会話の参考に

“a lot of” と “lots of” は日常会話ではとてもよく使われるものの、フォーマルな書き言葉では “many” や “a large number of” なんかが使われることが多いです。

また、肯定文で “many” を使っても文法的にはなんの問題もないので、間違いだとは思わないでくださいね。

スポンサーリンク

あくまでも普段の日常会話での参考にしていただければと思います!

■”much” と “a lot of / lots of” の使い分けは、こちらで紹介しています。ぜひ合わせてご覧ください!↓

■”plenty of” でも「たくさんの」を表しますが、違いは何?

基本の文法をおさらい

以下のコラムでは、基本の文法だけど間違えやすいものを紹介しています。気になるものがぜひ読んでみてくださいね!

■「◯年前に」「◯日前に」のような「〜前に」の表現、きちんと使い分けていますか?

■逆に「◯日後に」「◯時間後に」のような「〜後に」の表現も間違えやすいです↓

■”will” と “be going to” の違いは?

■”can” と “be able to” はどう使い分ける?

スポンサーリンク

■”have to” と “must” の違いとは?

■「〜できますか?」に “Can you 〜?” ばかり、使っていませんか?

■日付や時間を表すときの前置詞の “in / at / on” が混乱しがちな方に↓

■文章の中で数を書く時のルール。意外と知られていません↓

■今さら聞けない?アポストロフィの正しい使い方をまとめたコラムはこちら↓

■1つの単語に形容詞がいくつも付く場合、どんな順番で並べていますか?

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS