“Nice to meet you” と “Nice to see you” の違い

「許す」だけじゃない!覚えておきたい “allow” の使い方
「蒸し暑い」って英語でなんて言う?
ネイティブがよく使う “pick up” の意味と使い方

スポンサーリンク

今回のテーマの “Nice to meet you” と “Nice to see you” は、両方とも誰かに会った時に使われるフレーズです。

“meet” と “see” には共通した日本語訳がありましたよね。

それは「会う」です。
“meet” だけでなく、”see” にも「人と会う」という意味があります。

では、”Nice to meet you” と “Nice to see you” はどう違うのでしょうか?

“meet” と “see” の違い

“meet” は会う約束をして会うこと、”see” は偶然誰かに会うこと。
何となくこう思っている人はいませんか?

確かに “meet” は、約束をして会う時に使われることが多いです。例えば、

  • Meet me at the office at 3pm.
    オフィスで3時に会いましょう

のような使い方をします。
では、”see” はどんなふうに使われるでしょうか?

スポンサーリンク

  • I saw him at the station.
    彼を駅で見かけた
  • I’ll see you at 3pm.
    3時に会いましょう
  • I’d like to see Dr.Brown.
    ブラウン先生に見てもらいたいのですが

のような使い方もしますよね。

「(誰かに)会う」という意味では “meet” と “see” の使い分けって微妙です。
上の例を見る限りでは、約束しているか偶然なのかで区別しているのではなさそうです。

でも、”meet” と “see” には決定的な違いが1つあるんです。それは一体何なのでしょうか?

“Nice to meet you” と “Nice to see you” の違い

  • Nice to meet you.
  • Nice to see you.

これらは両方とも誰かに会った時に使うフレーズですよね。

“Nice to meet you” は日本語では「はじめまして」と訳される、誰かに初めて会った時に使うフレーズです。
一方、”Nice to see you” は “again” を最後につけたりして、初めてではなく、以前に会ったことがある人に会った時に使います。

学校ではこう習ったと思いますが、これはなぜなのでしょうか?

“meet” も “see” も「会う」という意味があるのに、以前に会ったことにある人にはなぜ “Nice to meet you again” と言わないのでしょうか?

The Photographer vs. the Viewer

スポンサーリンク

実は、そう言ってはいけない理由がちゃんとあるんです。

“meet” と “see” の違い

そこで英英辞典を引いてみましょう。
そうすると、”meet” の定義にこんな一文があるんです↓

make the acquaintance of (someone) for the first time
オックスフォード新英英辞典

「誰かと知り合いになる」という意味です。

“Nice to meet you” が初めて会う人にしか使えないのは「お知り合いになれてよかったです」という意味になるからなんです。
なので、すでに会ったことがある人に “Nice to meet you” と言ってしまうと、かなり失礼になってしまうんですね。

一方で “see” の定義には、

meet (someone one knows) socially or by chance

と書いてあります。「知っている人に会う」となってますよね。

なので、すでに知り合いの人に会った時には “Nice to see you” や “Nice to see you again” が使われるんです。

“Nice to meet you again” なんて聞いたことないですよね。
そんな言い方はありません。「初めて会う」のに “again” にはなり得ないからです。

スポンサーリンク

“meet” のニュアンス

ネイティブは “meet” と言われると「会う」の意味だけでなく「初めて出会う」というニュアンスを感じるようです。なので、友達カップルのなれそめを聞くために、

  • Where did you two meet?
    2人はどこで出会ったの?

と聞きますが、”Where did you two see?” は絶対に言いません。また、

  • I met her at the restaurant.
    そのレストランで初めて彼女に出会ったんだ

とは言いますが、この意味で “I saw her at the restaurant” とは言いません。

「初めて出会う」には絶対に “meet” しか使えません。逆に言えば「初めて」という表現をわざわざしなくても「初めて会う」というニュアンスになり得るんですね。

別れ際には “Nice meeting you” も使える

誰かと初めて出会って、少し話をした後の別れ際には、

  • (It was) nice meeting you.
    お会いできてよかったです

が使われることもあります。
ただ、この “(It was) nice meeting you” は、出会った時の最初の挨拶としては使えないので注意してくださいね。別れ際の時にだけ使えます。

でも、別れ際にも “(It was) nice to meet you” と言っても全くおかしくないんです。

  • It was nice to meet you, Ben.

みたいな感じですね。私はこちらを耳にすることが多いような気もします。

スポンサーリンク

“lovely to meet you” も使える!

イギリス英語では “Nice to see you” や “Nice to meet you” と言う場面で、

  • Lovely to see you.
  • Lovely to meet you.

と言うこともあります。
詳しくはこちらを参考にしてみてくださいね↓!

■「会う」と言えば、誰かと道で「ばったり会う」にはこちらのフレーズがとてもよく使われます↓

■誰かと会って「知り合いになった」と言う場合には “become” は使わずに、あるフレーズを使います↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS