やんわり「嫌い」と言えますか?

“She’s on leave” ってどんな意味?
学校では教えてくれない “say” の使い方
「並んでますか?」って英語で何て言う?

スポンサーリンク

日本語は「曖昧な表現の言語」で、英語は「YesかNo ハッキリした言語」だと思っていませんか?

確かに、日本語ではYesかNoではなく、ちょっとぼやかすのが好まれることがあります。

例えば、友達が家に招待して手料理を振る舞ってくれた時、あまり好きではない食べ物が出されたら「ちょっと苦手なんです…」と、やんわり「嫌い」ということを伝えますよね。

英語ではそんな時に “I don’t like this.” とハッキリ言うと思いますか?

実は英語でも、やんわり「嫌い」を伝える表現の方が好まれるんです。

まずは、日本語で

「嫌い」「好きじゃない」「あんまり好きじゃない」は、程度の差こそあれ、どれも基本的には「嫌い」を表しています。

では、この中で一番キツイと感じる言い方はどれですか?

スポンサーリンク

「嫌い」ではないでしょうか?ストレートすぎて強い感じを受けます。

「好きじゃない」は、「嫌い」よりも少しやわらかい印象です。
これは「嫌い」の反対語を使った上で「そうではない」という遠回しな表現ですよね。遠回しに言うほど丁寧な印象になる、という仕組みです。

実はこの法則、英語にも当てはまるんです。

「嫌い」は hate ではない?

「嫌い」を “hate” と言ってしまう人がいますが、”hate” はとってもキツイ「大っ嫌い」なので滅多なことでは使いません。

母親に叱られた小さい子が、母親に向かって “I hate you!” と言ったりしますが、多くの親は子どもが “hate” という言葉を使うと注意します。

食べ物や物事を「嫌い」という場合は “hate” は使わずに “I don’t like ◯◯” という言い方が一般的です。

でも、相手に失礼にならないように言いたい場合には、それでも少し直球に聞こえてしまうことがあります。

そこで「嫌い」「好きじゃない」「あんまり好きじゃない」に話を戻しましょう。
3つの中で一番丁寧な感じがする「あまり好きじゃない」を英語でも上手に言えると、相手に与える印象も変わってきますよね。

スポンサーリンク

「あまり好きじゃない」

友達の家に招待されて、嫌いなセロリが入っているサラダをすすめられたら “I don’t like celery” とストレートに言うよりも、

“I don’t like celery very much”
“I don’t really like celery”

の方がやんわりとした感じが出ます。

この “not … very much” や “not really …” は、英語では本当によく使われます。
“very much” や “really” を特に付けなくていい場合でも、口調や印象をやわらかくするために使われたりします。

ただ、”really” を使う場合は入れる場所に注意が必要です。
“I really don’t like celery” と言ってしまうと「セロリって本当に嫌い」という意味になってしまいます。必ず “not really” という語順になるように気をつけましょう。

■”really” の詳しい使い方は、こちらも参考に↓

「好きじゃない」の変化球

それでも “don’t like” を使わずに言えると、もっとやんわりした感じになります。

例えば “I’m not a big fan of celery” と言われたらどんな想像をしますか?

スポンサーリンク

Celery: Green

“fan” は日本語にもなっている「私は阪神ファンです」の「ファン」です。
“big fan” は「大きいファン」ではなくて「すっごくファン」ということです。

直訳すると「私はそれほどセロリの熱狂的な支持者ではありません」ですが、つまりは「セロリはそんなに好きじゃない」ということなんです。

日本語で「ファン」は、有名人やスポーツチームに対してぐらいしか使いませんが、英語ではこういう使い方もあります。この言い方は英語っぽくてオモシロい表現なので、私は好きです。

カラオケに誘われたけど・・・

カラオケが好きな人もいれば、嫌いな人もいると思います。
友達からカラオケに誘われて、あんまり好きじゃないので断りたい場合には、こんな言い方もできるんです。

“Karaoke is not my cup of tea
「カラオケは好きじゃないんだ」

なぜ紅茶が出てくるのかと言うと、世界中で親しまれている紅茶は、人それぞれの好みが違うことから、もともとは自分の好みに合うものを “◯◯ is my cup of tea” と言ったようです。

ただ、普段の会話では “not my cup of tea” と否定形で使われることが多く「自分の好みや趣味ではない」という場合によく使われます。

スポンサーリンク

例えば “He loves watching rugby but it’s not my cup of tea” や “Rap music isn’t my cup of tea” というカンジですね。

また、”favourite(favorite)” を使って “◯◯ is not my favourite” とも言っても、やんわり「嫌い」を表せますよ。

英語にも婉曲表現はたくさんある

英語の「やんわり表現」は、今回紹介したもの以外にもたくさんあります。

時と場合によってはハッキリ言った方がいい場合もありますし、相手に失礼にならないようにしたい場合には、ストレートに言うのは避けたほうがいいかもしれません。


「やんわり表現」を知らずに直球で “No” と言ってしまっても、相手はこちらの英語がパーフェクトではないのを理解していれば、それほど気を悪くすることはないかもしれません。

それでも、やんわり “No” と言えるような表現一つで、相手に与える印象が変わることを考えたら、少しずつでも身につけていきたいなと思います。

■相手の意見をやんわり否定する方法については、こちらも参考にどうぞ↓

■やわらかく「〜したほうがいいよ」とアドバイスする方法も、こちらで紹介しています↓

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS