“reservation” の「予約」以外の意味とは?

「1階=first floor」ではない?イギリス英語の「階」の数え方
あなたはどっち?「朝型・夜型」って英語でなんて言う?
車の「トランク」「ボンネット」「ガソリンスタンド」は英語なの?

スポンサーリンク

“reservation” といえば、レストランやホテルなどの「予約」という意味でよく知られていますよね。

では、”I recommend him without reservation” ってどんな意味になると思いますか?この “without reservation” は「予約なしで、予約せずに」ではないんです。

今回は「予約」以外の “reservation” の意味を取り上げたいと思います。

“reservation” の覚えておきたい意味2つ

“reservation” は「予約」の意味で使われることが一番多いと思います。

  • We have a reservation for six o’clock.
    6時に予約があります
  • You need to make a reservation.
    予約しないといけないよ

みたいな感じですね。

でも実は、”reservation” には「予約」以外に「懸念疑念」という意味もあるんです。

「懸念、疑念」という意味の “reservation”

“reservation” を英英辞書で引いてみると、こんなふうに書いてあります↓

  1. an arrangement which you make so that a place in a hotel, restaurant, plane etc is kept for you at a particular time in the future
  2. a feeling of doubt because you do not agree completely with a plan, idea, or suggestion
    (ロングマン現代英英辞典)

1番が「予約」ですね。そして、2番に注目してみてください。

スポンサーリンク

何かに完全に同意・賛成できない疑いの気持ちや、思い留めさせる気持ち、ひっかかる気持ちみたいなものを表すんですね。これが「懸念」とか「疑念」「ためらい」とよく訳される “reservation” です。例えば、

  • Older people tend to have reservations about new technologies.
    年配の人は新しいテクノロジーに懸念を持つ傾向にある
  • Some parents have strong reservations about vaccinating their children.
    子どもに予防接種することに強い疑念を持っている親もいる
  • I have no reservations about hiring him.
    彼を雇うことに懸念はありません

のように複数形で使われることが多く、日常の普段使いと言うよりはちょっとかたい響きになります。

では、冒頭に出てきた文章 “I recommend him without reservation.” に話を戻しましょう。

これは「予約なしで」ではなく、直訳すると「懸念・疑念なしで」ということになります。懸念・疑念の気持ちがなく〜する、つまり「完全に、すっかり」という “completely” のニュアンスですね。

この場合は「何のためらいもなく彼を推薦します」のような全面的にオススメする、ということですね。

“reservation” には「保護区」の意味も

最後に短くもう一つ “reservation” の意味を紹介します。

“reservation” は「保護区」の意味で使われることもあります。イギリス英語では “reserve” で表しますが、アメリカ英語では “reservation” も使えるようです。

野生動物保護区(wildlife reservation)は野生動物を猟から守り、保全するための土地を指します。

スポンサーリンク

動詞の “reserve” が「(何か)を取っておく」という意味なのを考えると、野生動物を守るために取っておかれた土地=保護区というのがしっくりきますよね。

また、アメリカの先住民であるネイティブアメリカンの居留地も “reservation” と呼ばれます。

■「予約」を表す “reservation” については、こちらで紹介しています↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS