Home英語コラム

“in person” ってどんな意味?

ネイティブがよく使う “on the same page” の意味とは?
「実は…」って英語で何て言う?
「火を消す」って英語でなんて言う?

スポンサーリンク

“in person” というフレーズを耳にしたことはありますか?

実はこれ、口語でよく使われるフレーズの1つなんです。

コロナが世界中で蔓延してからは特に使われる機会が増えたような気もしますが、今回はそんな “in person” の意味と使い方を紹介します!

“in person” の意味は「じかに、直接、実際に(会って)」

“in person” は大きく分けて2つの意味で使われることが多いのですが、どちらにも共通するのは「実際にその場にいる」というイメージです。

実際の使い方1つ目としては「直接」とか「直(じか)に」という意味でよく使われます。

これは、電話やメール・テレビ電話などではなく、誰かに「直接(会って)」「相手と直接顔をあわせて」というニュアンスです。

例えば、仕事でメールでやりとりをしていた人に初めて会うような時には、

  • I look forward to meeting you in person.
    [会う前に] 実際にお目にかかれるのを楽しみにしています
  • It’s great to meet you in person at last.
    [会った時に] やっと直接お目にかかれて嬉しいです

のように使ったり「実際に直接会う、見る」という意味で、

スポンサーリンク

  • She is dating someone online and she has never met him in person.
    彼女は誰かとオンラインで付き合っているけど、彼に実際に会ったことは一度もない
  • Have you seen the Mona Lisa in person?
    モナリザを実際に見たことある?
  • I had the opportunity to talked to him in person.
    彼に直接会って話す機会があった

みたいにも使えます。
また、コロナでロックダウンや様々な規制があった時には、

  • It’s been difficult not being able to see friends in person.
    友達に実際に会えないのがとても辛い

のような声も聞かれましたが、最近ではコロナワクチンの接種が進んだ国では、

  • It’s good to be able to see people in person.
    人と直接会うことができて嬉しい

なんてインタビューで答えている人を目にすることもありますよ。

「本人が直接、自分で」という意味でも使われる

そして、”in person” は「(代理などではなく)本人が直接、自分で」という意味でもよく使われます。

これも上で紹介した「実際に人に会って」という意味と基本的には同じですが、”do 〜 in person” という形でよく使われて、

if you do something in person, you go somewhere and do it yourself, instead of doing something by letter, asking someone else to do it etc

ロングマン現代英英辞典

つまり「本人が直接(実際に)〜する」「本人がその場に出向いて〜する」という意味になります。「実際にその場にいる」イメージを思い出してくださいね。

スポンサーリンク

例えば先日、友人が息子のパスポートが出来上がったので本人を連れて受け取りに行くと話していて、その時に、

  • because he needs to go in person

と言っていました。親が代理で受け取るのではなくて、息子本人が実際に行かないといけないから、ということですね。何かを申請したり申し込む際にも「本人でないとダメ」な場合には、

  • You must apply in person.

と書かれてあることがあります。

また、何かネットで買い物をして、配達ではなく「店に直接行って受け取りができます」といった場合にも、

  • You can collect your order in person from our shop.

みたいに言えますよ。

形容詞の “in-person”

“in person” をハイフンでつないだ “in-person” は後ろに名詞がくっついて、形容詞のような使われ方をします。意味は「対面の」がしっくりくるかと思います。

スポンサーリンク

例えば、先日まで開催されていたG7のニュースでは、

  • the first in-person meeting since the pandemic
    パンデミック以来、初めての対面の会合

のように報道されていました。去年のG7はすでにコロナのパンデミック が始まっていたのでテレビ会議だったからですね。他にも、

  • in-person classes/learning:対面授業/対面学習
  • in-person services:対面サービス

のようにも使われます。この “in-person” もコロナを機によく目にするようになった印象です。

“in person” の「実際にその場にいる」というイメージをしっかり掴んでくださいね。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS