ネイティブがよく使う「どうぞ」の表現

学校では教えてくれない “say” の使い方
“No, thank you” を使わずに「結構です」を英語で
「痛い」って英語で言えますか?

スポンサーリンク

あなたのペンが机の上に転がっているとします。

友達がそのペンを借りようとして、あなたに “Can I borrow your pen?” と聞いてきました。
あなたは「どうぞ(いいよ)」と英語で返すとしたら、何て言いますか?

“Yes”
“Yes, you can”

ですか?
ネイティブはもっと気持ちよく「どうぞ」という表現を使います。

さて、何て言ったらいいんでしょうか?

「〜してもいい?」「どうぞ」を英語で

日本語の「どうぞ」にはいろんな意味がありますが、今回は「〜してもいい?」と聞かれた時に、許可したり促したりする意味での「どうぞ」のお話です。

冒頭の「ペン借りてもいい?」「どうぞ(いいよ)」や、友達の家に遊びに行って「トイレ借りてもいい?」「どうぞ(いいよ)」などの気持ちよく「いいよ!」と言っているカンジです。

そんな時には「もちろん、どうぞ」というニュアンスの、

  • Sure.

がよく使われます。ちょっといいレストランやホテルなどでは、

スポンサーリンク

  • Certainly.

という答えが返ってくることもあります。

では “Sure”、”Certainly” 以外で何か思い付きますか?実はネイティブがとってもよく使う、カジュアルな言い方が他にもあるんです。

“go ahead” で表す「どうぞ」

皆さん、学校で “Go ahead” って習ったのを覚えていますか?

「お先にどうぞ」と教わったと思います。ドアのところで誰かと一緒になったら、相手に譲る時に使う表現ですよね。
“After you” の方が丁寧と言われたりしますが、ニコッと笑って “Go ahead” と譲ってくれる人もたくさんいます。

この “Go ahead” が「どうぞ」とか「いいよ」と言う時にもよーく使われるんです。

  • Can I borrow your pen? -Sure, go ahead.

という感じです。ただ単に “Yes” と言うよりも、気持ちよく「どうぞ!」というニュアンスが出ます。
簡単な表現ですが、慣れないとなかなか口からスッと出てきません。

“go ahead” が役立つ場面

私は先日、ちょうどこの言葉を言われました。

自宅でパスタが作れるパスタマシーンを買ったのですが、使ってみたら不良品でした…
そこで、レシートを持ってお店に行ったら、快く「新品と交換するね」と言ってくれたのですが、店員さんが持ってきた新品の外箱がボコッと凹んでたんです(笑)

箱が破損しているのはニュージーランドではそれほど珍しくもないのですが、念のため「箱の中を確認してもいい?」と聞くと、店員さんの口から出てきた言葉が、”Yeah, go ahead” でした。

この “go ahead” は、返事をする時にとってもよく登場します。

  • Can I use your bathroom? -Sure, go ahead.
    Can I use this chair? -Yep, go ahead.
    Can I ask you a question? -Sure, go ahead.

みたいなカンジで、”sure” と一緒に使われることが多いです。

カフェなどの店内で写真を撮ってもいいか聞いた時にも “Yes, go ahead.” と、「どうぞ!」のような感じで、しょっちゅう “go ahead” が使われます。

文章の中で使う “go ahead”

“go ahead” は「〜してもいい?」への返事だけではなく、日常の会話の中にもさりげなく登場するんです。

tickets

例えば友達が、半年後に開催されるコンサートに誘ってくれたとしましょう。

「平日だけど、行ける?行けるならチケット取るよ」と言ってくれました。あなたは「休み取れるかな…」と少し不安になりながらも「チケット取っちゃって!お願い!」と言うとします。

そんな時にも “go ahead” を使って、

  • Go ahead and get me a ticket!

と言えるんです。

“go ahead” は「促す」イメージ

“go ahead” のそもそもの意味は、文字通り “go・ahead”「先に・進む」です。
今回出てきた全ての “go ahead” を使った例文も「相手を先へ促すイメージ」です。

「◯◯してもいいですか?」に対する “go ahead” は「先に進んで下さい=どんどんやっちゃって下さい」、道を相手に譲る時の “go ahead” も「お先にどうぞ=先に行って下さい」と、相手を先へ促してますよね。

このイメージがあれば、話や計画を先に進めてもらう時の “go ahead” はスッと理解できると思います。

イメージさえ掴めたらとても便利なフレーズなので、日本語の「どうぞ」という訳だけにとらわれずに、どんどん使ってみて下さいね!

■「〜してもいい?」は “Can I 〜?” を使わずに表現することもできます。ネイティブがよく使う表現はこちら↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS