「はい、どうぞ」は英語で何て言う?

意外に盲点?動物が「鳴く」を英語で
レストランで役立つ!「私も同じものを下さい」を英語で
ネイティブ流!英語で初対面の相手の名前を聞く方法

スポンサーリンク

友達に「ちょっとテーブルの上にある本とってもらえる?」と言われて、その本を渡してあげる時、日本語では「はい」と言いながら手渡しますよね。

もうちょっと丁寧に「はい、どうぞ」と言う人もいるかもしれません。

この「はい」「はい、どうぞ」って英語で何て言うんでしょうか? “Here you are” しか思い浮かばない方にゼヒ読んでいただきたい、今回のコラムです。

「はい」「はい、どうぞ」にも色々ある

「どうぞ」を英語にする時、何かと “please” を使ってしまう人がいますが、”please” は基本的にはお願いをする時に使うフレーズなので、誰かに物を手渡すような場面で言う「はい、どうぞ」に使うのはちょっと変です。

また、以前にネイティブがよく使う「どうぞ」の表現というコラムで紹介した “go ahead” で表す「どうぞ」は、何かをしてもいいか尋ねられた時に返す「もちろん、どうぞ」なので、これもここでは使えません。

日本語ってスゴいですね。「どうぞ」は色んな場面・ニュアンスで使える便利な言葉です。

今回は、何かを手渡す時の「はい、どうぞ」の表現を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

“Here you are” で表す「はいどうぞ」

学校で習ったような記憶がうっすらあるのが、

Here you are.

です。何かを渡しながら「はい、どうぞ」というニュアンスで使われると教わった気がします。
なので「はい、どうぞ」を英語で、と言われると “Here you are” を思い浮かべる人も多いかもしれません。

私もニュージーランドに来るまでは “Here you are” しか知りませんでした。
でも、ニュージーランドで生活するようになって、また、働き始めてから何となく気付いたことがあります。

それは、”Here you are” を耳にする機会が意外と少ないということです。
もちろん国や地域、個人によって差があるので一概には言えないと思うのですが、私はなぜかあまり耳にしません。

その代わりに、例えばお店で商品やお釣りを渡される時によく耳にするのはこんなフレーズです。

  • Here you go.
  • There you go.
  • There you are.

Here you go, There you go, There you are の違い

そうなると、気になるのはそれぞれの違いですよね。
“Here you are” が一番丁寧だと感じる人もいるようですが、実際のところ特別な違いはないようです。

念のためオックスフォード現代英英辞典の定義を見てみると、

(informal) Here you are / Here you go:
used when you are giving something to somebody

(informal) There you go / There you are:
used when giving somebody a thing they want or have asked for

と書かれていました。

スポンサーリンク

若干の違いがあるようにも見えますが、注文したものを持ってきてくれるウェイトレスさんも “Here you go” はよく使うので、厳密にこの通りではなく使われているように思います。

I like french style coffee time

“There you go”、”There you are” にはこんな使い方も

“There you go” は「はい、どうぞ」とは別に、こんな使われ方もします。

例えば、子どもに靴ひもの結び方を見せながら教えていて、子どもが自分で出来た時などに “There you go!” という感じで使います。

日本語で上手く説明するのが難しいのですが、何かを説明したりやって見せたことを相手がちゃんと出来た時の “You did it right!” といったニュアンスになります。

また “There you are!” は、誰かを探していて、その人がふと現れた時に「あ、そこにいたの!」のようなニュアンスでもよく使われます。

まずは「はい、どうぞ」から

日本語では「はい、どうぞ」と言わないような場面でも、英語では「はい、どうぞ」の表現がよく使われます。

例えば日本では、カフェでウェイトレスさんがドリンクをテーブルに置きながら「はい、どうぞ」とはあまり言わないですよね。また、お釣りをお客さんに渡す時にも「はい、どうぞ」とは言いません。

スポンサーリンク

でも、英語ではこんな時にも上で紹介したような「はい、どうぞ」の表現が使われます。

何か手渡す時には無言で渡すよりも、どれか一つ言うように心がけるとカンジがいいですね。

また、イギリス英語ではお釣りを「はいどうぞ」と手渡したら、お客さんが “Lovely” と言うことも多いです。
この “lovely” の使い方は、こちらで詳しく紹介しているので、ぜひ合わせて読んでみてくださいね↓

■「〜してもいい?」「どうぞ」のような「どうぞ」。ネイティブがよく使う表現はこちら↓

■お客さんに席を勧める時の「どうぞお座りください」「どうぞおかけになってください」の英語表現はこちら↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS