トイレに行きたい!でも、英語で何て聞けばいい?

「転ぶ」「こける」って英語でなんて言う?
意外に盲点!?「病院に行く」を英語で
“Could you 〜?” と “Would you 〜?” 何が違う?

スポンサーリンク

お食事中の方、すみません。
今日はトイレの話なので、お食事中の方は後で読んでください(笑)

街で、レストランで、知り合いの家で、人間ってどこででもトイレに行きたくなりますよね。海外で「トイレはどこですか?」と聞けないから我慢する、なんてことはできません。

そこで今回は、自信をもって「トイレはどこですか?」と聞ける方法を紹介します。

合わせて「トイレに行きたいです」や「トイレを借りてもいいですか?」の英語表現も紹介します!

Untitled

「トイレ=toilet」と言ってはいけない?

英語の授業でトイレを “toilet” と言ってはいけない、と教わりませんでしたか?

“toilet” は「便器」という意味になるので、英語では “toilet” とは言わない、と私は教わった記憶があります。

なので、ニュージーランドに来た当初は、教科書通りに “Where is the restroom?” とか “Where is the bathroom?” とか言っていましたが、働き始めてお客さんと接するようになってから、あることに気付きました。

「トイレ=toilet」って言ってる!

そうなんです。ニュージーランドでは “toilet” と言います。

お店やレストランでトイレを使いたい時に “Where are the toilets?” と聞く人はたくさんいます。

トイレって言ってもいいのかなぁ…と不安にならなくてもいいんです。

スポンサーリンク

“toilet” 以外の言い方いろいろ

家のトイレを表すには “bathroom” がよく使われますが、家ではない外のトイレを表す時にも “bathroom” は使われます。

外のトイレは “ladies’/gents'” と呼んだり、ニュージーランドを含むイギリス英語圏では “loo(ルー)” というスラングもよく耳にします。

  • Excuse me but where is the ladies’?
  • Where is the loo?
  • Can I use the loo?

という感じです。

Loos

ちなみに子ども用の「おまる」は “potty” と呼びます。

“restroom” って言う?

私はニュージーランドではあまり聞かないような気もしますが、アメリカでは家以外のトイレを表す時によく使われる言い方のようです。

イギリス英語では “toilet” という単語を使っても大丈夫ですが、アメリカ英語では直接的すぎる表現なので避けられます。

これが、日本で英語を習う時に「英語で “toilet” と言ってはいけない」と教えられた理由なんですね。納得です。

ちなみに、”bathroom” や “restroom” の代わりに隠語として、小さい方のことを “(go) number one”、大きい方のことを “(go) number two” と言ったりもします。

トイレを「借りる」は英語で?

トイレという単語は解決しました。
では「トイレを借りたい」と言いたい時はどうやって聞けばいいのでしょうか?

借りる= borrow ?

日本語訳から考えると、ついつい “borrow” と言いたくなりますよね。
でも、トイレを「借りる」ときに “borrow” は絶対に使いません。イギリス英語もアメリカ英語も関係なく、絶対に使いません。その代わりに “use” を使います。

  • Can I use your/the bathroom?
    トイレを使わせてもらえますか?
    トイレを借りてもいいですか?

となります。
では、なぜ “borrow” は使えないのでしょうか?

トイレを「借りる=borrow」ではない

オックスフォード新英英辞典で “borrow” を調べてみると、こうあります。

take and use (something belonging to someone else) with the intention of returning it

これが全てを説明していますね。

借りて持っていくという意味までが “borrow” なんです。なので、トイレを “borrow” しちゃったら大変です。

これを踏まえると、人の家で電話を借りたい場合も “borrow” ではなく “use” しか使えないこともしっくりくると思います。

「トイレに行きたい」「トイレを我慢する」は英語で?

最後に、言えそうで言えない表現を紹介しておきましょう。

まずは「トイレに行きたい」です。

そのまま直訳すると “I want to go to the bathroom” のように言ってしまいがちですが、実は、こんな表現が使われることの方が多いんです↓

  • I need to go to the bathroom.
  • I have to go to the bathroom.
  • I gotta go to the bathroom.
  • I need to use the restroom.

「行きたい」を “want to go” ではなく “need to go” や “have to go” で表すことを覚えておきましょう。

そして最後は、トイレを「我慢する」です。

「我慢する」を和英辞書でひいてみると、”bear” や “stand”、”put up with” なんていうものも出てきますが、トイレの場合にこれらは使いません。
もっと簡単に “hold it” を使って、

  • Can you hold it?
    我慢できる?
  • I can’t hold it any more.
    もう我慢できないよ

のように言います。

とは言っても、我慢しすぎるのはよくないので、今回紹介したような表現を使って自信をもってトイレを借りてくださいね!

トイレに行く時に役立つかもしれないフレーズ

一人でカフェやレストランなどに入った時に役立つ「(トイレに行っている間)荷物をちょっと見ててもらえますか?」というフレーズはこちらで紹介しているので、ぜひ合わせてご覧ください!↓

こちらのコラムでは、”Toilet” と字面が似ている “To let” を紹介しています↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS