“Where?” を使わずに「どのあたり?」

会話が続くためのシンプルな3つの方法
「これ、どこにしまう?」「どこに置く?」を超簡単な英語で
「りんごもパイナップルも好きじゃない」をシンプルな英語で

スポンサーリンク

「どこ?」と英語で聞きたい場合、あなたならどんな単語を使いますか?

多くの人が “Where?” を真っ先に思い浮かべると思います。
では「東京のどのあたりに住んでるの?」と聞きたい場合はどんなふうに聞きますか?

今回のコラムは、そんな時に大活躍する「ある単語」のお話です。

「どこに住んでるの?」を英語で

例えばバーで飲んでいたら、たまたま隣に海外出身の男性が座っていて、話をする機会があったとしましょう。

「どこに住んでいるんですか?」と英語で聞いてみたい場合は、どう聞けばいいでしょうか?
一般的によく使われる言い回しは “Where do you live?” ですよね。

そして、そう質問したら “I live in Tokyo” という答えが返ってきたとします。

あなたも東京に住んでいるとしたら、次はどんな質問をしますか?
「東京のどの辺りに住んでるの?」と聞きたくなりませんか?

これってどういうふうに表現したらいいのでしょうか?

「どのあたり?」を表す英単語

「東京のどのあたり?」は “Which part of Tokyo?” と言ったり、”Where in Tokyo?” でも十分通じると思います。

でも、私の周りのニュージーランドの人たちは、こんな場合にちょっと違った表現をすることが多いんです。

スポンサーリンク

その表現とは、ひとことで “Whereabouts?” です。

“Whereabouts in Tokyo?” でもいいですが、会話の流れがある場合には “Whereabouts?” だけで済まされることも多いです。

では “whereabouts” って一体何なのでしょうか?

World Map - Abstract Acrylic

“whereabouts” の正体

この単語、耳にしたことはありますか?
私はニュージーランドに来るまで全く聞いたことがありませんでしたが、私の周りの人は会話でとてもよく使います。

見た目から “where” と “about” に分かれるのは何となく想像がつきますが、オックスフォード現代英英辞典の定義では、

used to ask the general area where somebody/something is

となっています。
まさに「where(どこ)about(〜のあたりに)」=「どのあたりに」を表すのが “whereabouts” なんですね(最後のsを忘れずに!)

先ほど出てきたバーでの会話にあった「〜のどの辺り?」と聞く場合には必ずと言っていいほど登場するので、初めて会う人とはこんな会話がよくあります↓

初対面のAさん:Where are you from?
私:I’m from Japan.
Aさん:Whereabouts (in Japan)?
私:Osaka.

と、こんな感じです。
“where” はハッキリした場所を尋ねるのに対して、”whereabouts” は大まかな場所を尋ねるニュアンスになるので、詮索している感じを薄めるために敢えて “Whereabouts do you live?” や “Whereabouts do you work?” などというふうに使う人もいますよ。

また、”whereabouts” には名詞の意味もあって「所在、ゆくえ」を表します。 “his whereabouts” で「彼の居場所」といった意味になります。

知ってるとかなり役立ちます

“whereabouts” の便利なところは、上にも出てきたように会話の中でひと言で「どのへん?」「どのあたり?」が聞けてしまうことです。

これまで “Where in 〜?” や “Which part of 〜?” と聞いていた方は、ぜひ使ってみてくださいね。

ただ、私の周りではとってもよく使われているのにアメリカではほとんど耳にしないという情報もあるので、地域的なものもあるかもしれません。

「どこ?」にまつわる表現

「どこ?」にまつわる表現はこれまでにもいくつか紹介してきました。
こちらのコラムもぜひ合わせて参考にしてみてくださいね!↓





こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS