“I’m used to live alone” は正しい?正しくない?

会話で役立つ “let” の使い方と便利フレーズ
英語で会話が続かない…会話を続けるために大切なこと
“have to” と “must” って何が違うんだろう?

スポンサーリンク

今回のタイトルにもなっている、こんな文章があるとします。

  • I’m used to live alone.

これってどんな意味だと思いますか?

  1. 私は一人暮らしに慣れている
  2. 私は以前一人暮らしをしていた

サラッと答えられた方、もう一度よく考えてみてくださいね。
実はこの英文、正しい文章ではないんです。

“be used to” の意味と使い方

“be used to 〜” にピンときた方は「〜に慣れている」という意味の1番を選んだかもしれませんね。

確かに、”be used to 〜” は「〜に慣れている」という意味で使われます。オックスフォード現代英英辞典にもこんなふうに書いてあります。

You use be used to something/to doing something to talk about something that you are familiar with so that it no longer seems new or strange to you

これを使って例文を作るとすると、

  • I’m used to getting up early.
    私は早起きに慣れている

のような感じです。

Morning Routine

スポンサーリンク

気が付きましたか? “to” の後ろは「何に慣れているのか」の「何」が入るので、必ず名詞が来ます。つまり、動詞を入れたい場合には「〜すること」を表す動名詞 “-ing” になるんですね。

なので「一人暮らしに慣れている」なら、冒頭に出てきた “I’m used to live alone” ではなく、こうならないといけません↓

  • I’m used to living alone.

“used to” の意味と使い方

“used to” の「以前、かつて〜していた」の意味にピンときた人も多いかもしれませんね。そうすると2番の「以前私は一人暮らしをしていた」を選んだのではないでしょうか。

これもオックスフォード現代英英辞典から使い方を引用すると、

You use used to do something to talk about something that happened regularly or was the case in the past, but is not now

となります。この使い方は以前にも紹介しましたが、

  • He used to live in the U.S.
    彼は以前アメリカに住んでいた
  • I used to work here.
    私は以前ここで働いていた

のように使いますよね。「今は違うけど、以前は(かつては)〜だった、〜したものだ」というイメージです。

でも「私は昔、一人暮らしをしていた」なら、

  • I used to live alone.

にならないといけません。冒頭の文章 “I’m used to live alone” は余計な “‘m(=am)” が入っているので「以前〜していた」ではありません。

スポンサーリンク

“be used to” と “used to” は混乱しやすい

つまり、タイトルにある文章の、

  • I’m used to live alone.

は正しい文章とは言えません。”be used to 〜(V-ing)” と “used to” を混乱した間違えた文章になってしまっているんです。

  • I’m used to living alone.
    私は一人暮らしに慣れている
  • I used to live alone.
    私は以前一人暮らしをしていた

が正しい使い方です。
“be used to 〜”、”used to 〜” という部分だけで覚えてしまうと間違えやすいので、

  • I used to live in northern Japan, so I’m used to cold weather.
    以前私は日本の北部に住んでいたので寒さには慣れています

のように文章で覚えてしまうといいと思います。

■「昔は〜だった」を表す “used to” の使い方の詳しい解説はこちら↓

似ていて紛らわしい表現

よく似ているので間違えやすい表現は、以下のコラムでも紹介しています。ぜひ合わせてご覧ください!












こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS