名言で学ぶ英語|それが何であれ、あなたの得意なことが幸福に導いてくれる

almostを使わずに「だいたい」って英語で言えますか?
海外のバスでドキドキしないために
“go to the school” は間違いじゃない?

スポンサーリンク

今日の「名言で学ぶ英語」はイギリスの哲学者バートランド・ラッセルの名言を紹介します。

仕事など自分がいったいどんなことをしたら良いのか、迷っているとき知っておきたい名言です。

今日の「名言で学ぶ英語」

Huka Falls in Rotorua

それが何であれ、あなたの得意なことが幸福に導いてくれる
Anything you’re good at contributes to happiness

まず”Anything you’re good at”は「あなたが得意などんなことでも」ということですね。

“You can buy anything you want”と言われたら「あなたが欲しいモノを何でも買って良いよ」という意味になります。一生に1回くらい言われてみたいですね。

そして次の”contributes”は”you’re good at contribute”というくくりではなく”Anything (you’re good at) contributes”という扱いになります。”contribute”は「貢献する」という意味や「(結果や事件などの)一因となる」という意味があります。

つまり”Anything you’re good at contributes to 〜”はそのままわかりやすく直訳すると「どんなこと(あなたが得意なこと)でも、〜に貢献する/一因になる」という意味になります。

そして「〜」が “happiness”「幸福」というわけですね。

それでは改めて名言の原文を読んでみましょう。

スポンサーリンク

Anything you’re good at contributes to happiness

こうやって改めて見てみると、英語がどんな風に作られているかわかると、意味もスッと入ってきませんか?

「得意なことが幸せに導いてくれる」

あなたはどんなことが得意ですか?

取り上げて欲しい名言募集中

「私この名言好きだから取り上げて欲しい」「意外と知られていない名言だけどいい言葉だからみんなに知って欲しい」などありましたら、ぜひ問い合わせフォームを使って投稿していただけたら嬉しいです。

「問い合わせ内容」のところに「名言の投稿」という項目があるので、そこを選んでお送りください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS