英語の “sphere(スフィア)” の意味とは?

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。

「sphere(スフィア)」という単語をご存じでしょうか?

私は海外で生活し始めてから知った単語なのですが、ちょくちょく出てくるんですよね。

先日、私が受け取っているニュージーランドのショップからのメールマガジンに「赤ちゃんにおすすめのギフト」として “Stainless Steel Spheres” という物が載っていました。

では、”sphere” ってどんな意味だと思いますか?

目次

“sphere(スフィア)” の意味は?

“sphere” は /sfɪə/ と発音します。カタカナの「スフィア」に近いですね。

そして、その意味は以下のように定義されています↓

a solid figure that is completely round, with every point on its surface at an equal distance from the centre

Oxford Advanced Learner’s Dictionary

「完全な丸い立体図形、中心から表面上のどの点へも等しい距離」。どんな意味か想像できましたか?これは、

ですね。”sphere” とは「球」「球形」を表すんです。そして、もう一つの意味は、

any object that is completely round, for example a ball

Oxford Advanced Learner’s Dictionary

です。「完全に丸い物体、例えばボール」なので、

球の形をしたもの、球体

という意味もあるんですね。

“-sphere” で終わる単語

“sphere” って言われても、そんな単語あまり聞かないし、ピンと来ないな…という方もいらっしゃるかもしれません。

では、”-sphere” で終わる、こんな単語をご存じではないでしょうか?

  1. hemisphere
  2. atmosphere

1の “hemisphere” は「北半球(the Northern Hemisphere)」「南半球(the Southern Hemisphere)」を表す時に必ず出てくる単語です。この “hemi-” はギリシア語由来で「half(半分)」を表します。なので「hemisphere=半球」になるんですね。

2の “atmosphere” は「雰囲気」という意味がよく知られていますが、”the atmosphere” で「(地球を取り巻く)大気」という意味にもなります。”atmos” もまたギリシア語由来で「liquid in the air, vapor(空気中の蒸気)」を表すので「atmosphere=大気」になるそうですよ。

“sphere” という単語に少しは親近感が湧いてきたでしょうか…?

“sphere” が使われるのはどんな時?

“sphere” が実際にどんな場面で出てくるのかを見てみましょう。

基本的には「球」という形を表す時によく使われる単語です。例えば、

  • The Earth is not a perfect sphere.
    地球は完全な球形ではない

のような感じです。そして「数学」にも登場します。上の辞書の定義にもありましたが、様々ある立体の種類(立方体・三角錐・円柱など)のうち、「」を表す英語は “sphere” です。

また、大きな球体のオブジェや建物なんかも “sphere” で表すことが多いです。

他には「金属の球体」を表す時には “sphere” がよく使われている印象があります。

  • metal sphere:金属球、金属の球体
  • stainless steel sphere:ステンレス球、ステンレスの球体

そして、ちょっとマニアックですが、下の写真のようなドーム型のチョコレートを2個くっつけて球体にしたものも “chocolate sphere” と言います。

また、メガネの処方箋に書かれている色々な数値の中でも、近視・遠視の度数を表す「球面度数」は「SPH」と書かれていますが、これも “sphere” だそうですよ。

©︎日刊英語ライフ

“sphere” は日常生活でとってもよく出てくるわけではないですが、どこかで耳にしたり目にした時に「あ!球にまつわる単語だな!」と思い出してくださいね。

■「四角形」「丸」「台形」「ひし形」などの図形を表す英語はこちらで紹介しています↓

よければシェア・保存してね
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次