Home英語コラム

「パニクる、パニックになる」って英語でなんて言う?

「その通り」とは関係ない “You’re right” ってどんな意味?
ニュージーランド英語の特徴・訛り(アクセント)・スラングまとめ!
“jandals”、”togs”、”stubby” の意味は?|ニュージーランド英語 モノ編

スポンサーリンク

皆さんはすぐにパニックになるほうですか?

私はやらなくちゃいけないことが急にいっぱいになったら頭の中が真っ白になってパニクってしまうことがあるのですが、あなたの周りにもパニクりがちな人はいませんか?

そんな「パニクる」を英語で表現するには、どんな単語を使えばいいのでしょうか?

日常生活で使いそうな「パニクった」「パニクってきた」「パニクらないで(落ち着いて)」など、私がよく耳にするフレーズを紹介します!

「パニック」って英語なの?

「パニクる」というのは、頭の中が混乱したり、慌てふためいたり、気持ちに余裕がなくなって思考回路がうまく働かなくなったりして「パニックに陥った状態」を表す時に使いますよね。

そんな「パニック」は言うまでもなく英語の “panic” から来ているので「パニクる」を表すときには、”panic” を使うことができます。

ただ、この “panic” の使い方がちょっとだけ間違えやすいので、使いかたを早速見てみましょう!

“panic” で表す「パニクる」

“panic” って、ちょっと形容詞みたいな感じがしませんか?
なので、”I’m panic” と言ってしまいそうになりますが、実はそうは言いません。

スポンサーリンク

“panic” はほとんどの英英辞書には形容詞の意味は載っておらず、名詞動詞として使われることが圧倒的に多いんです。例えば、

  • I’m panicking right now.
    私、今パニクってる
  • People are panicking over the coronavirus.
    人々はコロナウイルスでパニックになっている
  • My exam is in a week and I’m starting to panic.
    試験まであと一週間になってパニクってきた
  •  I panicked when my computer crashed.
    コンピューターが急に動かなくなってパニックになった
  • I got into a panic and didn’t know what to do.
    パニックに陥って、何をしたらいいのか分からなかった

動詞の “panic” を-ing形や過去形で使う時には “panicking” “panicked” のように “k” が入ることにも注意してくださいね。

「パニック買い」を英語で言うと?

人々がパニックになってスーパーで特定の商品を買い占めたりすることを “panic buy” と言います。

  • Stay calm and don’t panic buy.
    落ち着いてパニック買いしないで
  • People are panic-buying hand sanitisers and toilet paper.
    人々が手指アルコール消毒液やトイレットペーパーをパニック買いしている

「パニック買い」を名詞で表したい場合は “panic buying” で表現できますよ。

“freak out” を使って「パニクる」

その他には、スラングの “freak out” も「パニクる」を表すときによく使われるフレーズです。

“freak out” とは以前にコラムで紹介しましたが、日本語にしにくいフレーズで「感情が大きく揺さぶられて、通常の感情・精神状態ではなくなる」イメージです。(詳しくはこちら↓)

“freak out” はカジュアルな口語でよく使われます。例えば、

  • I lost my wallet and I’m freaking out.
    お財布なくしてパニクってるの
  • I almost freaked out, but I pulled myself together quickly.
    もう少しでパニクるところだったけど、すぐに気を取り直した
  • I freaked out when I saw the police because I was going really fast.
    スピードを出していたので警察を見た時にパニクった

のような感じですね。

スポンサーリンク

「落ち着いて」は英語でなんて言う?

パニックになっている人に向かって「落ち着いて」「パニクらないで」と言いたいときの表現も紹介しておきましょう。私が一番よく耳にするのは、

  • Calm down.
    落ち着いて

ですが、他にも “panic” を使って、

  • Stop panicking!
  • Don’t panic!

と言うこともできます。くどいようですが “panic” は動詞なので、”Don’t be panic!” ではなく “Don’t panic” が正解ですよ。

他にも、直訳ではないですが、パニック状態の人を落ち着かせるためには、

  • Hey, hey, hey. Take a deep breath.
    深呼吸して
  • Hey, slow down.
    (相手が興奮して話しているような時に)落ち着いてよ

なんかも親しい友達には使えると思います。
さらに、何か衝撃的なことを話す前に言う「落ち着いて聞いてね」という意味の「落ち着いて」には、

  • Don’t panic.
  • Don’t freak out.

などをよく耳にしますよ。

■パニックにならないように落ち着いた行動を求めるときによく使われるフレーズ “go about your business” はこちらで紹介しています↓

感情を表す単語・フレーズにまつわるコラム

自分の感情を表す英語表現は会話の中で使う機会も多いので、ぜひ覚えて使ってみてください!









スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS