英語っぽいのに通じない単語たち2

スポンサーリンク

少し前に紹介した『英語っぽいのに通じない単語たち』の記事にたくさんの反響をいただき、ありがとうございました!今後も毎回ちょっとずつですが、シリーズとしてお届けします。

今回は、日々の生活の中でふと気付いた「お家の中にある通じない単語たち」を紹介したいと思います。

レンジ

電子レンジでチン!のチンは通じなくても、レンジは何となく通じそうなカンジがしませんか?英語じゃなかったら何語なの?と言いたくなるほど英語っぽいですが、正しくは英語では “microwave” です。マイクロ波が出てくるので、そのままの名前になったのでしょうか。

この “microwave” は便利な単語で、名詞でもありながら動詞でもあるので、『レンジで◯◯を30秒チンする』と言いたいときには “microwave ◯◯ for thirty seconds” と言えばオッケーです。

食器などを買うときに、これって電子レンジにかけても大丈夫かな?と心配になったときは、食器を裏返してみましょう。”microwave safe” や “microwavable”と書いてあれば使えますが、書いてない時は・・・不明ですね。店員さんに聞いてみて下さい(笑)

ちなみに、”dishwasher safe” と書いてあるものは食器洗浄機が使えます。

コンロ

台所まわりで続きますが、次は『コンロ』です。これも “conro” と言えば、気合いで通じそうな気がします。

・・・辞書には載ってませんので “hob” と調べてみて下さい。”a cooking appliance, or the flat top part of a cooker, with hotplates or burners.” と出てきましたね。イギリス英語では台所のコンロは “hob” と呼ばれます。

Lego Pancake Day 2
© JonoTakesPhotos

もしくは、”stove” とも呼ばれるので要注意です!日本語で言うところの暖房器具のストーブではありません。コンロのことです。

スポンサーリンク

ちなみに、暖房器具のストーブは単に “heater” で通じます。

ドライヤー

女性の方は海外旅行で困ったことがあるかもしれません。ついつい『ドライヤー』と言ってしまいますが、髪を乾かすドライヤーは “hair dryer” と言います。絶対に “hair” を付けないといけなんです。何でなんでしょうか?

それは “dryer” そのものが別の意味を持った英単語だからなんです。非常にやっかいですね。

ちょっと推測してみましょう。髪を乾かすのが “hair dryer” ですね。では、”dryer” だけだと何になるでしょう。

乾燥させるもの=乾燥機です。あの洗濯物を乾燥させる乾燥機の意味になってしまうのです。
ホテルで 『dryer を部屋に持ってきて欲しい』と言っちゃうと大変ですね(笑)

ネタ募集します!

こんなのあるよ!という『英語っぽいのに通じない単語』を募集しています!
メール(info@nzlife.net)、もしくはFacebookのメッセージを使ってどしどしお寄せください。

あ、Facebookのコメント欄には書かないようにお願いします。ネタバレしちゃいますので(笑)

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS