“very” を使わずに「めっちゃ熱い」を英語で

簡単便利!たった1つで距離が表せる単語
「働く」だけじゃない!名詞の “work” を使いこなそう
日常の何気ない表現、英語で言えますか?

スポンサーリンク

今回は、食べ物や飲み物の熱さを表す時によく使われる「めっちゃ熱い」「熱々の」という表現のお話です。

例えば、コーヒーやスープが「熱々の」と言うこともあれば、焼きたての湯気が立っているパンも「めちゃめちゃ熱い」ですよね。

これを英語で言うと、どうなるのでしょうか?
“hot” よりは熱い感じを出したいけど、”very hot” も使わずに言えてしまう英語表現があるんです。

英語テキストには載ってない?

今回紹介する「めっちゃ熱い」「熱々の」という英語表現は、私は日本に住んでいる時には見たことも聞いたこともありませんでした。

学校の英語の授業で習うこともなく、英語のテキストに載っているわけでもないので、見たことが無いのも無理はありません。

でも、ニュージーランドに 来て初めて耳にしてからというもの、テレビの料理系の番組でもよく出てきますし、実際に私の周りの人が使っているのもよく耳にします。

このサイトでは「めちゃくちゃ〜すぎる」という表現を紹介したこともありましたが、”far too hot” や “way too hot” と言えなくもないですよね。(その時のコラムはこちらでどうぞ)

でも、今回紹介する「めっちゃ熱い」「熱々の」は “very hot” でも “far too hot” でも “way too hot” でもありません。

それは “◯◯◯◯◯◯ hot” です

「熱々の」を表す、その表現とは “piping hot” です。
湯気がもくもく出てるような、あっつあつの飲み物や食べ物を表現する時に使われます。

スポンサーリンク

なぜパイプ・・・?と疑問に思いますよね。私が最初に耳にした時は「”rice” を “piping hot” に加熱してね」と言われたのですが、意味が分かりませんでした。

その語源は後ほど紹介するとして、まずは “piping hot” の使い方を見てみましょう。

例えば、冬の寒い日に「熱々のスープが飲みたいな」と言う場合は “I want to eat piping hot soup” です。

皆さんの中にはコーヒーやお茶などの飲み物は熱々じゃなきゃ!という人もいるかもしれません。
そんな方は海外のカフェでコーヒーを注文する時に “I want my coffee piping hot” と言ってみてもいいですね。

Cup of hot coffee

そして、たまたま私の手元にあった食品衛生について書かれたパンフレットには、こんな文章が書かれていました。
“Reheat leftovers until piping hot (over 70℃) and do not reheat more than once(料理の残り物は熱々に再加熱し、2回以上温め直さないこと)”

使い方はどれも簡単ですよね。”very hot” の代わりに “piping hot” を使うだけです。

“piping hot” の語源は?

なぜ “piping” なんていう言葉が出てくるんでしょうか?

“piping” とは「配管」という意味とは別に「管楽器」「管楽器の音」という意味があったり、形容詞では「(声・音が)かん高い」という意味もあります。

そして、”piping hot” の語源はと言うと、The Phrase Finderというサイトにはこのように書かれています。

The derivation of this little phrase is the sizzling, whistling sound made by steam escaping from very hot food, which is similar to the sound of high-pitched musical pipes.
熱々の食べ物から溢れ出てくる湯気のジュージュー、シューシューいうような音が管楽器のかん高い音に似ていることに由来する

ということだそうです。実際にはコーヒーもスープも “piping hot” だからと言って湯気の音がする訳ではないのですが、そんなところから来ていると知っていればイメージしやすいですよね。

覚えておくと便利です

食べ物が「熱い」を表現する時って “hot” や “very hot” を多用しがちですよね。その “very hot” を “piping hot” に置き換えてみましょう。

それ以外にも、飲み物や液体のものがものすごく熱い場合には “boiling/scalding/steaming hot” なんかも使われることがあるので、新しく覚えたら早速使ってみて、使えるボキャブラリーを少しずつ増やしていきましょう!

■「あまりにも熱すぎる」のような「あまりにも〜すぎる」を表すには、こんな表現もとってもよく使われますよ↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS