【1分英語】「ありえない!マジで!?」の表現方法5選

英語にもあった!「ドタキャン」の表現
「歩きスマホ」「ながらスマホ」って英語でなんて言う?
英語にも「そもそも」という表現はある?

スポンサーリンク

友だちに「私、会社辞めてアイドルになる」とか「この前買った宝くじで1000万円当たったんだ」と言われたら、なんて答えますか?

「ありえない!」とか「マジで!?」とどうしても言ってしまいますよね。

では、それを英語で言いたいときはどうすれば良いでしょう?今日は「ありえない!マジで!?」を英語にする表現を5つ紹介します。

「ありえない!マジで!?」を英語でなんていう?

Untitled

「ありえない!」「ありえねー!」「マジで!?」を英語で表現するとき主に5つの言い方があります。1つ1つのニュアンスを紹介していきますので、それぞれにあわせたシチュエーションで使ってみましょう。

“There’s no way”

もともと “there’s no way” はこんな例文の冒頭の言い回しです。

There’s no way I could finish those paper work in a day.
いくらなんでもこの事務処理を1日で終わらせられません

それが「終わらせるなんてありえない」つまり “there’s no way” や “No way” で「ありえない」という意味がもともとあったものです。

ただ日常会話を聞いていると “No way!”は「マジで!?」というシチュエーションでよく使われています。

“It can’t be true”

“It can’t be true” は「本当なわけがない」つまり「ありえない」ということですね。
そのため「ありえない」としても使えますが「マジで?」のほうがニュアンスは近いです。

スポンサーリンク

“Can’t be”

“Can’t be” は “It can’t be true” の略でもありますが、”This can’t be happening(起こるわけがない)” の省略としても使われます。そんな、さまざまな言葉の省略として使われるのが “Can’t be” です。

意味としては「ありえない」「マジで」の両方で使えます。

“That’s impossible”

“That’s impossible” は直訳すると「不可能だ!」ですね。
これも「ありえない」「マジで」の両方で使えます。

“You’ve got to be kidding!”

“You’ve got to be kidding!” は「冗談言ってるに決まってる」という意味です。
そのため「マジで!?」のニュアンスが強めです。

今日のまとめ

5つ全部を覚えて使おうとすると懇談するだけなので、最初は”No way”を覚えて使ってみるのが良いと思います。

1つだけ気を付けたいのは “No way!”はすごくカジュアルな言い方なので上司や目上の人に向かって使うのは避けましょう。

繰り返しフレーズに触れて復習しましょう!

何かを覚えるとき、復習をすると学習効果がすごく高いそうです。
そこで、【1分英語】シリーズでは、「前回」「3話前」「10話前」に出てきたフレーズを穴埋め形式にして紹介していきます。

単語の最初の一文字目だけわかるようにしました。それと「 _ 」の数が単語の文字数になっています。なんだっけ…と思い出せないときはヒントとして使ってみてください。

前回からの出題

「これ温めますか?」を英語にしてみましょう。

Would you like it w_____ up?

「このパン(トースターで)焼きましょうか?」を英語にしてみましょう。

Would you like these bread t______?

答えは「shall Iを使わない「温めますか?」」をご覧ください。

3話前からの出題

「私は熟睡した」を英語にしてみましょう。

I f___ into a s____ sleep

「昨夜は疲れていたから、爆睡しました」を英語にしてみましょう。

I slept like a l__ last night because I was exhausted

答えは「「熟睡」を英語でなんていう?」をご覧ください。

10話前からの出題

「誕生日パーティーは延期されたと思っていました。=延期されたと勘違いしていました。」を英語にしてみましょう。

I t______ the birthday party was postponed.

「彼女のことを勘違いしてるよ」を英語にしてみましょう。

You’ve g__ her w____

答えは「「勘違いしてるよ」って英語でなんて言う?をご覧ください。

このシリーズは「できれば毎日更新」でお届けしますが、あいだが空いてしまうかもしれません。
読み逃しがないようにぜひFacebookページを「いいね」して最新の記事のお知らせが来るようにしたり、メールで更新のお知らせを受け取るなどしてもらえると嬉しいです。詳しくは下記を参照ください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS