Home英語コラム

“Really?” だけじゃない「本当に?」「マジで?」の英語表現

“How’s your day been?” ってどんな意味?使い方は?
英語で会話が続かない…会話を続けるために大切なこと
「週末に」は英語で何て言う?”at/on/over the weekend” の違い

スポンサーリンク

普段の会話で「本当に?」「マジで?」と言うことってありませんか?

カジュアルな会話の中では何かと「マジで?」を使う機会が多いのではないかと思います。

そんな「ほんとに?」「マジで?」は英語でももちろんよく使われるのですが、”Really?” のワンパターンになっていませんか?

もっと色んなフレーズを使ってみましょう!

“Really?” の連発から抜け出そう

「本当に?」を “Really?” と言うのは、ご存じの方も多いと思います。会話の相づちとしても使いやすいので、ついつい多用しガチで、私の周りのネイティブからもよく耳にします。

でも、”Really?” 以外にもたくさんの表現があるんです。

“Really?” に限らず、同じ単語・フレーズを何度も繰り返し使うのはできるだけ避けたいので、今回は違う言い回しがいくつか登場する動画を紹介したいと思います。

“Really?” 以外にもたくさんある「本当に?」

これから紹介する動画は、アメリカのUP TVというテレビ局がキャンペーンの一環として、ミシガン州にある警察署と一緒になって仕掛けた、ちょっとした嬉しいドッキリ映像です。

スポンサーリンク

道を走っている車をパトカーが停車させて、警察官はドライバーの元へ行き、話をしながらクリスマスに欲しいものを何気なく聞き出します。

ドライバーはすっかり交通違反切符を切られると思っていると、警察官は違反切符ではなくドライバーが欲しいと言ったプレゼントを手渡す、という仕掛け。

警察官から思わぬクリスマスプレゼントをもらったドライバーたちは、訳が分からずビックリして「マジで?」「本当に?」を連発します。

その、ドライバーたちが口にした「マジで?」を集めてみました。

「本当に?」「マジで?」の英語表現

動画に出てきたものを並べてみると、

  • No way!
  • You’re kidding me.
  • What?
  • Are you joking?
  • Are you serious?

と、いろんな表現が登場しました。

“No way!” は「まさか」や「そんなはずない」という意味ですが「マジで?」「ありえない!」と言うような場面でもよく使われるフレーズです。

「冗談を言っている」という意味の “be joking” や “be kidding” もよく耳にします。「冗談でしょ?」というニュアンスですね。上に出てきた以外にも、

スポンサーリンク

  • Are you kidding?
  • You’re kidding!
  • You must be kidding!
  • You’re joking!
  • You must be joking!
  • You can’t be serious!

なんかもありますが、意味は同じです。他には、

  • Are you sure?
  • Seriously?

なんかもよく使われますよ。”Are you sure?” は「本当にそうなの?」と確かめるニュアンスで、”Seriously?” は「マジで?」「本気で?」みたいな感じです。また、動画の中では、

This is insane!

と言っている人もいましたね。これも直訳すると「狂ってるわ」となってしまいますが、悪い意味だけでなく、とってもビックリする嬉しいことが起きたときなんかにも使います。

さらに、ちょっと若者言葉のカジュアルな表現になりますが、

For real?

も「マジで?」を表すときによく使われます。

声のトーンや表現の仕方も大切

動画の中には “Oh my God!” と言っている人も何人かいたり、”Can I hug you?” と嬉しさを全身で表している人もいましたね。

「本当に?」「マジで?」の表現も、声のトーンや表情がとっても大事です。

日本語の「マジで?」も同じですが、嬉しいときやビックリした時、ちょっと怒り気味だったり、いろんな場面で使える表現は、相手に気持ちが伝わるような表情や声のトーンで言うのを忘れずに。

■「マジで?」「ありえない!」を表すフレーズは他にもあります。ここで紹介した以外のフレーズはこちらのコラムで紹介しているので、あわせてご覧ください↓

スポンサーリンク

■相手が大げさに話をしている時に「そんな大げさな!」「そんなオーバーな!」とツッコむフレーズは、こちらで紹介しています↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS