外に飛び出して日本のことを英語で学ぼう!

“N/A” って何の略?よく見かける英語の略語
「大変」に “hard” ばかり使っていませんか?
英英辞典アプリの選び方&おすすめアプリ【オックスフォード現代英英辞典】

スポンサーリンク

「外に飛び出して」と言っても、海外に行きましょうという話ではありません。

皆さんの中で、国内旅行によく行かれる方はいらっしゃいますか?

私は日本に一時帰国すると、必ずお寺や温泉地などの観光名所と言われるベタなところに行きます。日本らしさを感じられるところに無性に行きたくなるんです。

日本を離れると日本のよさに気付いたり、それと同時に日本のことを英語で表現する難しさも感じます。

そんな私が、次に日本に帰るときにやってみたいことがあるんです。

日本でやってみたいこと

それは、日本国内の旅行です。
と言っても、普通の観光旅行ではありません。

「英語ガイド付きの日本観光ツアー」です。

有名な寺院などで海外からの旅行者さんたちのグループに出会ったことはないですか?英語ガイドさんが付いて、英語でお寺の歴史などを説明していたりします。

日本を離れて暮らすようになる前には、そんなツアーに参加したいとは特に思わなかったのですが、日本を離れてからとても興味が出てきました。

スポンサーリンク

それは、ただ「英語を勉強する」という目的だけではありません。

日本のことを英語で言えますか?

ニュージーランドで生活をするようになって、現地の人や他の国の人たちと話す機会が増えるにつれて、あることに気付きました。

それは「自分は日本のことを知らなさすぎる」ということです。

ニュージーランドの人も、私に日本のことをバンバン質問してきます。

日本のことは日本人に聞けばいい、と思うのは自然なことですよね。
私たちがアメリカの文化を知りたい時はアメリカ人に聞けばいいと思うのと同じことです。

「あなたはどこの出身?人口はどれぐらい?」といった質問から、日本の社会・習慣や文化のことも聞かれることがあります。
そんな時に「知らない」と言うのは簡単ですが、自分の国・出身地のことを何も語れないのは、ちょっと恥ずかしいと私は思います。

X-E2&23mm_kyoto_DSCF4915

話を「英語ガイド付き日本ツアー」に戻しましょう。

日本の観光地を英語ツアーで回ったからといって、何かが変わる訳ではありません。英語力が劇的にアップするわけでもありません。
観光用の英語の説明なら、英語のガイドブックを買えばいいのかもしれません。

でも、同じツアーに参加している海外からの人たちと話す機会があったり、それを通して海外の人の目には日本がどう写っているのかなど、日本を客観的に見られる良いきっかけになると思います。

そんなに大袈裟に考えなくても、英語のガイドで日本の観光をするという、ただそれだけでもちょっとワクワクしませんか?

どうやったらそんなツアーに参加できる?

敢えて海外から来る人向けのツアーに参加してみるのはどうでしょうか?

JAPANiCAN.comというサイトは、JTBグループの訪日外国人向け日本旅行専門のWEBサイトで、英語のガイドがある国内ツアーがいろいろと選べます。

行き先は北海道・富士・箱根・鎌倉・飛騨高山・名古屋・京都・大阪・広島・福岡・その他、日帰りツアーだけではなく温泉に泊まるツアーもあります。

日本食を楽しむツアー、桜・紅葉を見に行くツアーやお相撲を見に行くというツアーまであります。
普段は意識することのない「ザ・日本」を大満喫できそうですね。

また、このページには英語で書かれた日本の観光地の地域情報・文化紹介などがあったり、文化遺産に指定されている宿の情報もまとめてあり、宿泊予約もできます。

東京の観光なら、はとバスも英語案内付きのツアーを運行していて、こちらも私は以前から面白そうだなぁと思っていました。

半日ツアー・1日ツアーなどが5,000円からあるので、気軽に参加できそうですね。

あくまでも観光です

観光を楽しむことが一番の目的です。

英語の勉強ツアーではないので、自分の英語の勉強のために海外からの参加者を一方的に質問攻めにしたりすることはやめましょう。

ツアーに参加している他の人も旅行を楽しむのが一番の目的です。
その中でちょっと話をしたり、生まれた会話を上手に楽しむことができると、お互いにより楽しい時間を過せると思います。

テキストで勉強するのも大事ですが、だんだんモチベーションが下がってきたりしますよね?そんな時こそ、何のために英語を学ぶのかを再確認できるような刺激が必要だと思います。

海外に行くことだけが英語を学ぶ方法ではありません。
いつもとはちょっと違う旅で、英語も楽しみつつ新しい日本を発見してみませんか?

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS