“easy” を使わずに「簡単な」を英語で

話を切り上げたい時、何て言う?
ネイティブが会話でよく使う “get to 〜” ってどんな意味?
「レッサーパンダ」の「レッサー」ってどんな意味?

スポンサーリンク

「簡単だよ」を表す英単語って、どんなものが思い浮かびますか?

“easy” 以外、他には何も思い付かないぐらい “easy” という単語はとってもよく使いますよね。

でも、実は他にもネイティブがよく使う「簡単な」「シンプルな」「分かりやすい」といった意味の英単語があるんです。

ちょっと耳慣れない単語かもしれませんが「簡単な」以外の意味でもよく使われる単語なので、そのもう一つの意味も合わせて紹介します!

「簡単な」「分かりやすい」「シンプルな」

「簡単な」「分かりやすい」「シンプルな」。こんなニュアンスを持っている単語、何か思い付きますか?

それが今回紹介する単語、”straightforward” です。
ものすごく長いですが、これで一つの単語です。

よく見てみると “straight” と “forward” から出来上がっていることが分かりますが、オックスフォード現代英英辞典の定義によると、

easy to do or to understand; not complicated

と書かれています。この “not complicated” というのがポイントで、複雑でなく、何のひねりも無く簡単に出来る・理解できるといった場合に使われます。

ちょっとイメージしにくいかもしれないので、早速例文を見てみましょう。

スポンサーリンク

どんなふうに使われる?

例えば、ホームセンターで素敵な棚を見つけたけど、組み立てが大変そうだな…というような場面を想像してください。

店員さんに「組み立てるの難しいですか?」と聞いたら「簡単ですよ。説明書通りに組み立てるだけです」と返事が返ってきたら、それは、

  • It’s pretty straightforward. Just follow the instructions.

のように表現できます。
また、パソコンに何かのプログラムをインストールするような場合の「インストールの手順は簡単です」も、

  • The installation process is straightforward.

と表現されることも多いです。
なんの複雑さも無く、シンプルで簡単にできますよ、といったイメージですね。

“straightforward” は手順や仕組みなどが「簡単・シンプルな」を表す場合に特によく登場する単語です。

Train play

“straightforward” な人???

「簡単な・シンプルな」という意味で使われる “straightforward” ですが、実は人の性質や言動を表すこともできるんです。

上に出てきたように “not complicated” という英英辞典の定義からも少し想像できますが、人に対して使う場合には

honest and frank

という意味で使われます。自分の意見や思ったことを隠さずに言う、といったニュアンスになりますが、”straightforward” は決してネガティブな言葉ではありません。

“He’s straightforward” は日本語では「率直な人」が一番しっくりくるかと思います。

ところが「彼はズケズケ言う人だよ」と言うと、急にネガティブなイメージになりますよね。そんな場合には “straightforward” ではなく “blunt” や “direct” がいいかもしれません。

“straightforward” はひねくれてないイメージ

物事に対して使う場合でも、人の性質・言動を表現する時でも “straightforward” に共通しているのは「ひねくれていない感じ」をイメージすると分かりやすいと思います。

物事が見たまま・そのままでシンプルな「分かりやすい・簡単な」を表したり、人が思ったことを隠したり含みを持たせたりしないと「率直な・正直な」といった訳になりますが、共通するイメージは同じですね。

私の周りのネイティブスピーカーは結構よく使う単語なので、覚えておくと役に立ちますよ!

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS