Can を使わずに「〜してもいいですか?」

職場で使える!「いる」「いない」を超簡単に表す方法
カタカナ発音では通じない英単語たち
「問い合わせ」って英語で何て言う?

スポンサーリンク

海外に行った時に、こんな経験をしたことはありませんか?

美術館の中で写真を撮りたいけど、撮っていいのか分からない・・・
タバコを吸いたいけど、吸ってもいい場所かどうか分からない・・・

日本では当たり前でも、文化や習慣が違う外国ではルールも違うことってよくあります。

分からないことがあったら現地の人に聞くのが一番なのですが、さて、こんな場合には何て聞いたらいいのでしょうか?

「〜してもいいですか?」

真っ先に思い付く「〜してもいいですか?」は “Can I 〜?” ではないでしょうか。

「写真をとってもいいですか?」は “Can I take a photo?”
「ここでタバコを吸ってもいいですか?」は “Can I smoke here?”

と聞いたらどうでしょう?これでネイティブにもちゃんと伝わるでしょうか?
ご心配なく。もちろん、ちゃんと伝わります。

でも、ネイティブはこんな違う言い回しをすることも多いんです。

“Can I 〜?” を使わない聞き方

そうなんです。「〜してもいいですか?」と聞くのに “Can I 〜?” を使わないんです。

スポンサーリンク

その言い方は日本語に訳すと「〜するのを許されていますか?」になるのですが、どんな単語を使うのでしょうか?

正解は・・・

“allow” です。この単語を知っている方も多いと思います。

“You’re allowed to take photos in here.” と言われたら「写真を撮ることを許されています」ということです。逆に “You’re not allowed to take photos.” と言われたら撮影禁止です。

BRINGING-THE-HISTORY-TO-LIFE

こういった意味で “allow” が使われる時のポイントは「be allowed = 許されている」と必ず受け身(受動態)になることです。でも、これは今回の一番のポイントではありません。

注目すべきは allow ではなくて “you”

私が以前働いていたカフェでは、こんな会話がしょっちゅうありました↓

お客さん:Are you allowed to smoke outside?
私(店員):Sure.

ニュージーランドでは法律で建物内が全面禁煙なので、タバコを吸えるのは屋外だけです。

上の会話は、お客さんがカフェの外席でタバコを吸ってもいいかと念のため確認してくる時の会話なのですが、ちょっと違和感がありませんか?

タバコを吸いたいのは自分(=お客さん)なのに、店員に “Are you allowed 〜?” って聞いています。”Am I allowed 〜?” の間違いじゃないでしょうか?

実は、このような場合には “Are you allowed 〜?” となるのが一般的なんです。ちょっと気持ちワルいですが、これでいいんです。

“you” には「あなた」「君」という意味の他にも「(一般に)人は(だれでも)」という意味があります。

“Are you allowed 〜?” の “you” は話している相手個人を指しているのではなくて、一般的にどうかということを尋ねているにすぎないんです。だから、タバコを吸いたいのは自分でも “Are you allowed 〜?” と聞くんですね。

美術館内で “Can I take photos in here?” と聞いて “No, you’re not allowed.” と返ってきたら、この場合も「あなた」だけが撮影したらいけないのではなくて「誰であっても」撮影禁止ということです。

海外旅行で結構使える!

最初にも書きましたが、日本を一歩出るとルールが違うことってよくあります。

日本は桜のシーズンにお花見をする人も多いと思いますが、ニュージーランドでも春には桜が咲きます。でも、お花見の宴会はできないんです。

と言うのも、ニュージーランドでは公共の場での飲酒が厳しく規制されているので、それを知らずに公園の桜の下にブルーシートを敷いて飲めや歌えやとどんちゃん騒いでしまうと警察のお世話になってしまいます。

何も知らずにルール違反なことをしてしまうのは誰でもありますが、迷った時にはまず “Are you allowed to 〜?” を使って誰かに聞いてみるといいですね!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS