Home英語コラム

ネイティブがよく使う「探す」は英語で?

“All good” ってどんな意味?どう使う?
「何か意見はありますか?」を英語で言うと?
「暑くて死にそう!」って英語でなんて言う?

スポンサーリンク

「探す」を英語で言うと?と聞かれたら、あなたなら何て答えますか?

“look for” が一番よく知られていると思いますが、”search” なんかもありますよね。

でも、私が周りのネイティブから耳にする「探す」はそれ以外にもあるんです。

「探す」といえば、やっぱり “look for”

「探す」を英語で言う場合、なんだかんだ日常生活で一番よく使うのは、

look for

です。例えば、

  • I’m looking for my keys.
    鍵を探しています
  • What are you looking for?
    何を探してるの?
  • Are you looking for anything in particular?
    (店員さんが言う)何かお探しですか?

のような感じです。
また、”look” だけでも「探す」が表せます。

  • I‘ve looked everywhere, but I can’t find my phone. −Did you look in the bathroom?
    「あちこち探したけど、携帯電話が見つからないんだ」「トイレも探した?」

「探すために見る」というニュアンスですね。

スポンサーリンク

“try to find” で表す「探す」

そして、私の周りのネイティブが結構よく使うのが、

try to find

です。”find” の意味は「見つける」ですよね。なので、本来は “find” と “look for” は別物です。でも “try to find” にすると「見つけようとする=探す」という意味になるんですね。

実際に英英辞書にも “look” の定義として、

to try to find something or someone

Cambridge Dictionary

と書かれています。なので、

  • I‘m trying to find information about/on 〜.
    〜に関する/〜の情報を探しているんです
  • We‘re trying to find someone who has experience of working in a similar role previously.
    以前に同じような役割の職務経験がある人を探しています
  • What are you trying to find?
    何を探してるの?

みたいに “try to find” も「探す」を表すときによく使われるんですね。
さらに、”try to find” 以外の “find” も「探す」を表すときに結構よく使われるんです。

“find” で表す「探す」

例えば「help+人+find 〜」は「(人が)〜を見つけるのを手伝う→〜を探すのを手伝う」を表すときによく使います。

  • I can’t find a file on my computer. Can you help me find it?
    パソコンでファイルが見つけられないんだ。探す(見つける)の手伝ってくれる?
  • I’ll help you find a job.
    仕事探すの、手伝うよ

他にも、いろんな “find” が「探す」と訳すことができます。と言うのも、日本語では「見つける」を「探す」と言うことがよくあるからですね。

スポンサーリンク

  • I have to find somewhere to live.
    どこか住むところを探さないと(見つけないと)
  • Tom asked me to find him an apartment.
    トムはアパートを探して(見つけて)くれと私に頼んだ
  • Let’s go find your mummy.
    お母さんを探しに(見つけに)行きましょう

もちろん、全ての “find” が「探す」になるわけではないので、ちょっとだけ注意も必要です。

  • Our cat was missing, but we found her.
    私たちの猫が行方不明でしたが、見つけました(×探しました)
  • I hope you find a job soon.
    仕事、早く見つかるといいね

普段の会話では “look” や “find” などシンプルな単語を使って表せることも多いので、ぜひ会話に役立ててみてください。

■「〜するのを手伝う」の英語表現はこちらで詳しく紹介しています↓

■ “be after 〜” も「〜を探している」を表すときに使えます↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS