「お母さん」を表す mother, mom, mum, mommy, mummy, mama の違いとは?

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。

スポンサーリンク

「お母さん」を意味する英単語といえば、”mother” を真っ先に思い浮かべる人が多いと思います。

でも、英語で「お母さん、母親、ママ」を表す英単語はいくつかあるんです。

  • mother
  • mom / mum
  • mommy / mummy
  • mama

ネイティブはこれらをどう使い分けているのか、それぞれのニュアンスの違いと使い方を紹介します!

この記事の目次

“mother” はあんまり使わない

一番よく知られている「お母さん、母親」の英語表現は “mother” ですよね。

例えば「この間、母と電話で話しました」を英語で言うとしたら、

  • I talked to my mother on the phone the other day.

みたいな文章を思い浮かべる人が多いかもしれません。もちろんこれでも全く問題なく通じますが、私の周りのネイティブの人たちは多分こうは言わず、

  • I talked to my mum on the phone the other day.

と言うと思います。

普段の会話で「私の母、お母さん」と言うときに、学校で教わった “my mother” を使う人はほとんどいません。私の感覚だと9割以上の確率で “my mum” を耳にする印象です。

ちなみに、”mum” はイギリス英語で、”mom” はアメリカ英語という違いです↓

スポンサーリンク

“mother” は、かしこまったかたい言い方・距離を感じる印象なので、自分の「お母さん」と言う時にはあまり使われませんが、世間一般の「母親」を表す場合やとてもフォーマルな場面では “mother” もよく使われていると思います。

“mum / mom” の使い方とニュアンス

“mum (mom)” はインフォーマルなので、もちろん論文などでは使わない方がいいですが、日本語で考える「母=mother」「お母さん=mum/mom」という分け方はちょっと違うなと私は思っています。

日本語では大人が会話で「私のお母さんが」と言うと恥ずかしいですが、英語ではそんな場面でも “mum/mom” や “dad” はとってもよく使われています。例えば、

  • My mum turned 70 last week.
    先週、母が70歳になりました
  • “Hi! I’m Sammy, Brian’s mom. Nice to meet you.”
    「ブライアンの母親のサミーです。初めまして」

そして、お母さん本人を目の前にして話す時や呼びかけでは、ほぼ “Mum/Mom” です。

  • Mum, did you get my text?
    お母さん、私が送ったメール届いた?
  • Thanks, Mom.
    お母さんありがとう

和英辞書には “mum/mom” は《インフォーマル》や《小児語》と書いてあったりするので、私は最初、人に “my mum” と言うことにとても抵抗がありました。

ただ実際には、フォーマル/インフォーマルという使い分けだけではなく、愛情や親しみのこもった言い方が “my mum/mom” なので、大人もバンバン使います。

“mum (mom)” と “mummy (mommy)” の違い

辞書には “mother” のインフォーマルな表現として、

mummy(イギリス英語)
mommy(アメリカ英語)

も載っていると思います。では、これらは “mum (mom)” とどのように使い分けたらいいのでしょうか?

“mum (mom)” と “mummy (mommy)” の違いは幼児語(小児語?)か、そうでないかです。

スポンサーリンク

“mummy (mommy)” は小さい子どもが「ママ」と言う時に使ったり、大人が小さい子に対して話す時に使うので、大人が大人に言う時には使いません。

  • I want Mummy.
    ママ〜(泣きながら「ママ〜」と呼んでいる感じ)
  • Where’s your mommy?
    ママはどこにいるの?

みたいな感じですね。ちなみに、”mummy” は「ミイラ」と同じスペリングで発音も同じです。不思議ですね…。

「ママ」は和製英語でなはい?

実は私、自分の子どもが生まれるまで「ママ」は和製英語だと思っていました。

でも “mama(もしくは mamma)” は英語にも存在します。”mummy/mommy” ほど使われる単語ではありませんが、主に赤ちゃんや小さな子どもが使います。

例えば、娘が幼稚園で書いた私の似顔絵に、先生が “mama” とペンで書いてくれていたり、会話でも、

  • Emily, look! Your mama‘s here!
    見て、エミリー。ママが来たよ

みたいに使われています。

今回紹介した使い分けは、年代や人によって差があるかもしれません。若い人は “mum/mom” を普段の会話でよく使いますが、人によっては「”mother” を使うべき」と言う人も実際にいます。

なので、一般的にこんな感じという参考にしてもらえたらと思います。

ちなみに、”father/dad/daddy” の使い分け方も “mother/mom/mommy” と同じですよ。

スポンサーリンク

■小文字の “mum/mom” と大文字の “Mum/Mom” の違いは?どう使い分ける?

■「おばあちゃん」も英語ではいろんな呼び方があります↓

■「お父さんとお母さん」を英語で言うと?”dad and mum” ではありません↓

よければシェア・保存してね
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事の目次